ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 郵便業務の効率アップを支えるNECの郵便自動化システム
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

知られざる郵便の世界! ~半世紀以上、郵便業務の効率アップを支えてきたNECの郵便自動化システム

2012年11月14日

みなさん、大切な人へお手紙を送ることってありますか? 普段は筆無精なわたしですが、今年は暑中見舞いを、お世話になったアナウンサーの先輩に書いてみました。先輩は大阪に住んでいるのですが、都内から投函した次の日には、もう『届いた』と連絡があったんです。当たり前のように思ってしまいますが、あらためて考えるとどういう仕組みなんでしょう?

そこで調べてみると、『郵便自動化機器』というシステムが、今の郵便のスムーズな集配や配達を支えていることがわかりました。そしてさらにびっくりしたのが、実はNECは、この『郵便自動化機器』において、国内や海外で多くの導入実績を持つメーカーでもあったことです。ご存じでした? 今回はNECの郵便自動化機器の開発担当者に、普段あまり触れることのない、郵便の自動化システムについて詳しくお話を伺いました!

お話を聞いた相手:近藤 克彦(こんどう・かつひこ)さん
長年、郵便自動化機器の開発にたずさわり、同システムの海外導入のプロジェクトリーダーも務める郵便自動化機器のスペシャリスト。

  • 三田こんにちは近藤さん、今日はよろしくお願いします。さっそくですが、そもそも郵便物はどのようにして届けられているのでしょう?
  • 近藤ポストに郵便物を投函すると、決まった時間に郵便収集の人が集めてくれるのは、三田さんもご存じですよね?
  • 三田はい。何度か家の近くのポストで見かけたことがあります。
  • 近藤実はそのあと、主に2つの郵便局を通ってみなさんのご自宅まで届けられているんです。
  • 三田え、2つの郵便局ですか?
  • 近藤1つめが、『差立(さしたて)郵便局』というところ。ここでは集められてきた郵便物をサイズなどで選別し、消印を押すために方向をそろえ、押印するんですね。そのあと、郵便番号をもとに、配達先に近いところの郵便局ごとに仕分け、トラックなどでまとめて送ります。
  • 三田もしかして2つめは、配達先に近い郵便局?
  • 近藤その通り! 『配達郵便局』と呼ばれています。ここでは郵便物を、配達する担当者のために、A町A丁目と住所ごとに細かく仕分けます。そのあと、配達しやすいように配達ルートに合わせてならびかえ、みなさんのご自宅まで配達するというわけです。昔は2つの郵便局でしていた作業をすべて手作業でやっていたので、大変な手間だったと聞いています。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る