ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 郵便業務の効率アップを支えるNECの郵便自動化システム
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

知られざる郵便の世界! ~半世紀以上、郵便業務の効率アップを支えてきたNECの郵便自動化システム

2012年11月14日

  • 三田郵便の流れがとてもよくわかりました。そうすると郵便自動化機器というのは…。
  • 近藤今の2つの郵便局で行われている作業の1つ1つを、自動で行ってくれる機械のことです。
  • 三田なるほど! 今お話をお聞きしただけでも、郵便物のサイズで選別したり、住所ごとに仕分けたりといろいろな作業があったと思うのですが、すべて1台でこなしているんですか?
  • 近藤『郵便自動化機器』というのは、郵便をサイズで選別したり、押印したり、宛先ごとに仕分けたりする機械など、様々な機器の集まりのことをいうんです。いろいろなサイズの郵便局がありますから、それぞれ必要なものを組み合わせて使っていただいているというわけです。すべての作業を1台でこなす機械もあり、海外で導入されています。
  • 三田あつかう郵便物が少ない郵便局だったら、手作業ですませられる部分もありそうですものね。
  • 近藤ちなみに、郵便をサイズで選別し、向きをそろえる取揃(とりそろえ)と消印を押す押印までの作業をする機器が集まったものを『前処理機』といいます。そのあとの、郵便番号や住所で郵便物を仕分けるものを『区分機』と呼んでいます。
  • 三田前処理機と、区分機ですね。
  • 近藤はい。
  • 三田では前処理機から詳しくおしえていただけますか? まず郵便をサイズで選別する作業は、どのようにしているのでしょう?

郵便物のサイズや向きなどをそろえる「前処理機」

  • 近藤乾燥機のようなドラムが付いているんですが、ここで郵便物の厚さ選別をします。くるくると回転するドラムには、スリット(隙間)があって、一般的な厚さ以下のものはこのスリットを通っていきますので、通りぬけない分厚いものがはじかれるというわけです。厚さ選別をクリアしたものを、今度は高さで選別していくんですが、まず郵便物をベルトコンベアで流していきます。ここには、上からひょいひょいとピックアップする仕組みが付いていますので、高いものは挟まれてはじかれるんです。

[拡大する]拡大する厚みのある郵便物を選別するドラム

[拡大する]拡大する背の高い郵便物を選別する過程

  • 三田レギュラーとイレギュラーのものを選別していく、という感じですか?
  • 近藤そういうことです。ちなみにここではじかれたものは、人の手で消印が押されます。
  • 三田次は郵便物の方向をそろえる作業ですね。これはどうやっているんでしょう?
  • 近藤向きをそろえるために、まず切手類の位置を見つけ出すようになっています。切手には燐光(りんこう)という特別な成分が使われているのでこれを検知したり、画像認識で切手の位置を探し出したりしています。これをもとに向きをそろえるんですが、上下をねじることができるツイスト機構、そして表裏をひっくりかえすことができるスイッチバック機構の2つを通ることで、郵便物の向きがそろっていくというわけです。

[拡大する]拡大する郵便物の上下をそろえるツイスト機構

[拡大する]拡大する郵便物の表裏をそろえるスイッチバック機構

  • 三田郵便物の向きがそろったあとは、スムーズにスタンプが押せるというわけですね!
  • 近藤はい。押印機が消印を押してくれます。ここまでが前処理機の仕事になります。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る