ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. ”電波塔のかなめ”地上デジタルテレビ送信機
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

テレビの知られざる仕組みに迫る! ~”電波塔のかなめ”地上デジタルテレビ送信機

2012年7月10日

「東京スカイツリーRが開業しましたね! 東京の新名所としてにぎわっていますが、そもそも東京スカイツリーRは、放送のための電波を送信する電波塔として建てられました。そして、テレビ局で制作されたデジタルの映像や音声をわたしたちの家のテレビまで届けてくれるのが、『地上デジタルテレビ送信機』というシステムです。

この地上デジタルテレビ送信機を、NECが作っていることをご存じですか? NECは、日本国内はもとより、すでに世界42カ国に納入している世界的なデジタル送信機メーカーでもあるのです。ちょっと意外ですよね? 実は東京スカイツリーR内の送信機室にも、NEC製の地上デジタルテレビ送信機がいくつも設置されているんですよ。

さてこの地上デジタルテレビ送信機、いったいどんなものでしょうか? NECの放送映像事業部を訪問し、あまり知られていないテレビの送信システムについて、たっぷりお聞きしました!」

お話を聞いた相手:日高 良(ひだか・りょう)さん
NECの放送映像事業部に所属。テレビ、ラジオなど国内外の様々な送信システムの提案・設計にたずさわる送信機の専門家。

  • 三田はじめまして日高さん。今日はよろしくお願いします。さっそくですが、そもそも地上デジタルテレビ送信機はどういうもので、テレビが放送される中でどんな働きをしているのでしょう? 簡単におしえていただけますか?
  • 日高わかりました。ではまずはテレビ局から電波塔、さらにご家庭までどのような流れで電波が届けられているのかご説明しましょう。始めにテレビ局が番組を制作しますが、これは三田さんがよくご存じですね?
  • 三田はい。とてもよく知ってます(笑)。
  • 日高次にテレビ局が制作した番組の映像や音声などの信号を、電波塔に送ります。そして最後にこの信号を電波に変えてみなさまの家のテレビまで送るのですが、その役割を担っているのが『テレビ送信機』というわけです。

[拡大する]拡大するテレビの電波の流れ

  • 三田じゃあ、その送信機の"デジタル放送版"が…
  • 日高『地上デジタルテレビ送信機』というわけです。
  • 三田なるほど、テレビが見られる大まかな流れはわかりました! では地上デジタルテレビ送信機自体の仕組みについておしえていただけますか?
  • 日高はい。まず地上デジタルテレビ送信機には2つの機能があります。1つが、テレビ局から送られてきたデジタル信号を電波形式の信号にする機能。そしてもう1つが、その電波を広いエリアに飛ばせるように大きな電力へと増幅する機能です。この2つの機能があることで、テレビ局の番組のデジタルデータをみなさまの家のテレビまで届けることができるというわけです。

東京スカイツリーRは、東武鉄道・東武タワースカイツリーの登録商標です。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る