ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 海底ケーブルの秘密に迫る【後編】
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

海底ケーブルの秘密に迫る!~世界の海に沈んでいる知られざる“光の道”【後編】

2012年3月22日

  • コガちなみに、水深が1千メートルより浅いところでは、ほとんどの場合、海底ケーブルを埋めてしまいます。
  • 三田浅いと言っても1千メートルですよね。まさか手掘りではないと思うんですが、どうやって埋めるんですか?
  • コガはい。海底を掘ることができる『ケーブル埋設機(Plow)』を使います。このケーブル埋設機には、畑を耕すときに使うクワのような部分がついてるんですが、この“クワ”を海底に埋めこみ、船でひっぱっていくんです。そうすると溝ができますから、そこに海底ケーブルを這わしていくんです。あとは、海流によって砂がかぶり溝が埋められていくので、埋める手間がなくてすむというわけです。

ケーブル埋設機(Plow)

  • 三田なるほど。できるだけ手間がかからないよう、考えられているんですね。海底を耕すなんて、ちょっとおもしろいですね。
  • コガふふ、そうかもしれません(笑)。

海底ケーブルシステムのイメージ図

  • 三田では、いよいよ海底ケーブルを海に沈める作業について伺いましょう。先ほどの話では深いところで8千メートルとおっしゃってましたが、船の上から8千メートル下のポイントをねらって投入するなんて、なんだか神業のようですよね。
  • コガそうですね。エベレストの山頂から、ふもとのポイントをねらうようなものですから。しかも潮の流れなどいろんなことを計算にいれて、海底ケーブルを投入しなければいけませんから。かなり高度な技術だと考えていいと思います。
  • 三田体育の球技が苦手だったわたしには、想像もできない世界です…。すごすぎる。
  • コガこれで驚いていてはいけません。実は、もっと長い距離をねらわないといけないんですよ。
  • 三田え。どういうことですか?
  • コガ海底ケーブルを沈める船は止まっているわけではありません。動きながら投入しているので、ななめに海底ケーブルが沈んでいくわけです。その分、海底までの距離が長くなるので、実際には倍の長さ。8千メートルの海底に沈めるときなら、だいたい1万6千メートル後ろの着地ポイントをねらわなければいけないんですよ。

ケーブルの敷設イメージ図

  • 三田ええ! エベレストでも途方にくれていたのに、さらにその倍ですか。1万6千メートルというと、16キロですよね。そうすると東京駅上空8千メートルから神奈川県の川崎市の駅前交差点辺りをねらうってことですね。…うーん、こうなってくるともうわたしには想像がつかないです。海底ケーブルを海に沈める方々の技術力は、ほんとにすごいんですね!
  • コガそう言ってもらえると嬉しいです。海底や潮流についてのいろんな専門家やプロの方がいてこそ成りたつ作業ですね。せっかくなので、もう少しこの話を進めていいですか?
  • 三田はい。もちろん。お願いします。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る