ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Innovators 100 Series
  4. Vol.17 システムの異常を自動検知する先進技術の開発者 吉平 健治
ここから本文です。

Innovators 100 Series Vol.17 吉平 健治

システムの異常を自動検知する先進技術の開発者

2014年10月21日

Vol.17 CHAPTER2 システムの異常を自動検知する先進技術の開発者 吉平 健治NEC Laboratories America,Inc(北米研究所)Associate Director,Solutions Incubation:吉平 健治

―現在、北米研究所における吉平さんの仕事について教えてください。

写真:吉平 健治 氏

吉平:現在は、研究所で開発した分析技術をNECとしてどのように事業化していくのかを、管理者として考え、具体的に進めていくのが私のメインの仕事です。研究所の外から見ると技術者であり、内部から見たら技術のPRマンであり、営業マンといった役割ですね。

SIATなどの分析エンジンはお客さまの課題や目的によって、使い方も異なってきます。そのため、お客さまと緊密なコミュニケーションを図り、お客さまの課題や求める価値を、研究者自身がきちんと把握することが不可欠です。

その上で、お客さまの価値創造に合わせて分析エンジンをカスタマイズしたり、実際のセンサデータをお借りして評価テストを行ったりしながら、ソリューションとしての最適化を図ります。

さらにお客さまの声をお聞きすることは、今後の分析エンジンの機能強化や改善などの参考になるほか、NECにとってはひとつのお客さまだけでなく業種という大きなマーケットに向けた汎用的なソリューション開発にも役立ちます。

―SIATという技術は、実際にどのように導入・活用するのでしょうか。

吉平:SIATは、センシングによって得られる計測データを分析するエンジンで、形としてはソフトウェアになります。

たとえば、すでにセンサによって稼働を監視している制御システムがあるような工場やプラントでは、SIATというソフトウェアをその上に組み込むだけで、自律的な異常検知や状態監視が可能になります。

また、NECのデータセンターにセンシングデータを集約して、クラウドサービスを通じてSIATを活用するなど、利用法はいろいろあります。

SIATは、お客さまの売上げアップにも貢献?

―SIATに対するお客さまの反応や評価は、どうですか。

写真:吉平 健治 氏

吉平:お客さまからお借りした実際のデータをSIATで分析して、その結果をお知らせした時ビックリされるお客さまがとても多いですね。

お借りするデータは、私たちにとってはまったく意味不明で、暗号のようなモノです。ですが、これをSIATで分析するとシステム全体のふるまいや相関関係が自動的に理解できます。

自分たちしか知らないはずのシステムの全体像が、センサデータによって見える化できることや、これまで見つけることのできなかった異常も検知できることに、みなさん驚かれます。

また、システムのデータの関係性がマッピング表示されたPC画面上で、異常箇所がひと目で把握できるため、すばやい原因究明や対処ができる点も高く評価されています。

プラント構成図マッピング画面

異常を検知して、異常箇所が赤く表示されたときの画面キャプチャ異常検出画面

―SIATの活用実績について、教えてください。

吉平:中国電力様と共に開発した、プラント故障予兆監視システムがあります。実証実験では、島根原子力発電所の振動、温度、圧力、電圧、電流など3,500ものセンサのデータをSIATで分析し、故障を予兆の段階で発見できることを確認しました。これにより、予備機へのすばやい切り替えや、故障に至る前の事前の補修対応などが可能になります。
実験の際には、私自身1週間くらい現地に泊まり込んで、技術の検証やエンジンのチューニングなどを行いました。

他にも、現在、SIATを用いた分析ソリューションの引き合いや進行中の案件は、複数あります。

―SIATを活用すると、他にどんなメリットが期待できますか。

吉平:3つくらいのメリットや成果が考えられます。第1は、システムの稼働率を上げることで、企業の売上げアップに貢献します。故障が発生する前に異常を察知して補修することにより、システムを止める時間が短縮できます。工場の生産システムや通信キャリアのサービスシステムなどにおいて成果が期待できると思いますよ。さらに、保守や補修の効率化により、時間や人手など運用負荷の低減やコスト削減効果もあります。

第2は、製品の品質管理に向けた活用です。製造過程における品質管理にSIATを利用すると歩留まり率が高まるとともに、高品質な製品提供によって単価のアップにもつながります。

第3は、安全余裕度の把握です。たとえば、発電システムをはじめとする重要施設では実際に災害を起こして、安全性を確認することはできません。また通信インフラがどこまで大量のデータ処理に対応できるかも、一気に大量データを流して検証することはできません。こうしたシステムの安全性をデータでシミュレーションできれば、リスクに対する十分な対応策が図れます。SIATは、こうした重要施設やシステムの安全・安心な運用にも役立ちます。

NECが大好き。 それが、仕事のモチベーション

―SIATの機能強化など、今後の展望について聞かせてください。

写真:吉平 健治 氏

吉平:システムのふるまいをわかりやすく解析したいという、基本的なスタンスはこれからも変わりません。今後はセンサデータに加えて、数値データではないテキストやログなどイベントの情報も利用した解析で、よりシステムの理解度を深めていきたいと考えています。

異常検知だけでなく、先ほどお話しした品質管理やモノづくりの最適化、さらにはセキュリティなど、分析エンジンの応用領域を拡げていくのも、これからの重要なテーマですね。

分析技術が目指すべきお客さまにおける価値は、そのお客さまが行うコアなビジネスに貢献するプロセスの中にあるのが理想です。幅広い業種に貢献してきたNECとはいえ、このような応用領域で分析ソリューションとして直接お客さまのコアビジネスに貢献してきた経験はあまりないというのが正直なところです。そこに関しては、私たちが開発した世界唯一の分析技術にご信頼をいただき、お客さまが抱える課題を共同で解決していきたいと真に考えています。

さらに、ビッグデータを今後どう使うのか、何に役立てられるか。つねに頭の中にアンテナを張り巡らせて、考え続けるのも私たち研究所のスタッフの使命だと思っています。今までの実績に囚われずに、もっと極端に言えば、自分たちの現在のポジションを否定してでも大きな方向転換を計ることは必要でしょう。研究者というと一つのことをこだわり通すという専門家的なイメージが強いですが、会社が向かう方向にいち早く転換する、もしくは会社が向かう”べき”方向を誰よりも先に打ち出すというのも、仕事のひとつだと思っています。

―吉平さんの仕事の対する、やりがいやモチベーションは何ですか。

吉平:私を含め、SIATを開発したスタッフは技術が好きなのはもちろんですが、そもそも3人ともNECのことが大好きなんです。私自身、いくつか他の会社に籍を置いた経験もありますが、真面目な社風やいい技術を公正に評価してくれるNECは、働いてみるとホントにいい会社なんです。

3人でよく言うことですが、"Goodwill"さえ持っていれば、どんなチャレンジがあってもみんな付いてきて、いっしょに挑戦してくれると。日本語にすると善意という気取った言葉になりますが、本当にそういった正しい行動がしっかり評価される会社だと信じています。

いい技術を開発して世の中をアッと言わせたい。お客さまや社会に貢献したいという気持ちももちろんあります。しかしそれ以上に、好きな相手をもっと喜ばせたい気持ちって、わかりますよね。仕事を楽しみながらNECの売上げアップに役立ちたい、NEC社員みんなをハッピーにしたいという気持ちを、3人全員が抱いています。

そうした思いが、仕事に対するやりがいやモチベーションにつながっていると思いますね。プロフェッショナル意識の高いアメリカでの職場環境では日々プレッシャーが大きいのですが、チームのなかでは笑顔を絶やさないようにしています。

―吉平さんの趣味やオフタイムの過ごし方を教えてください。

写真:吉平 健治 氏

吉平:趣味は、大学時代にやっていたスキーを最近またやり始めました。アメリカは自然が豊かですし、北米研究所があるプリンストンは山にも海にも1、2時間で行けるところにあるので、週末は子どもといっしょにアウトドアスポーツをしています。来年はサーフィンを始めようかなと思っています。

他には、日本にいたころには絶対好きになれなかったものに、今はすごく興味がでてきています。クルマいじりはその一つですね。家のガレージで自分でやっています。アメリカに移住して十数年経ちますので、日本への懐かしさや憧れという理由もあるとは思いますけど・・・外から見て初めて分かる日本の良さというやつです!

(2014年10月21日)

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

インタビューへのご意見を聞かせてください。


このインタビューはいかがでしたか?


NEC Information Squareやこちらのインタビューに関する感想を寄せてください。


  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。
  • いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る