ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Innovators 100 Series
  4. Vol.14 世界と戦う小型無線通信開発のエキスパート 佐々木 英作
ここから本文です。

Innovators 100 Series Vol.14 佐々木 英作

世界と戦う小型無線通信開発のエキスパート

2014年8月19日

Vol.14 世界と戦う小型無線通信開発のエキスパート 佐々木 英作NEC モバイルワイヤレスソリューション事業部 シニアエキスパート:佐々木 英作

日々の暮らしに欠かせないモバイルネットワーク。その通信インフラとして世界中に拡がっているNECのマイクロ波無線通信システム。技術者としてシステムのさらなる進化に取り組んでいる佐々木 英作が、グローバルに事業展開するNECの強み、事業存亡の危機からの脱却、さらに無線通信による社会貢献などを語ります。

世界中のモバイル通信網を支える技術

―初めに、NECの「パソリンク」という通信システムについて、教えてください。

写真:佐々木 英作 氏

佐々木:「パソリンク」というのは、NECにおける小型マイクロ波無線通信システムの総称です。1~10cmという波長のマイクロ波を使って無線通信を行う「パソリンク」は、鉄塔などに設置する屋外ユニットのマイクロ波送受信部と、屋内ユニットの変復調部によって構成されています。

現在の日本でマイクロ波無線通信システムは、自治体や電力会社の専用通信回線といった特定の領域で活用されているため、知らない方も多いと思います。

ですが、このマイクロ波無線通信システムは、かつて日本の通信や放送の発展において、欠かせない役割を果たしていたのです。そのひとつが、電話です。固定電話の普及期である1950年代に、NECは当時の電電公社(現在のNTT)にマイクロ波伝送装置を提供していました。離島などをはじめ、全国津々浦々で電話がつながったのもマイクロ波無線通信システムの貢献があったからです。

もうひとつは、テレビ放送です。当時、東京と同じテレビ番組が全国の家庭で観られるようになったのも、この通信システムが大きく貢献しています。

「パソリンク」のパラボラ&屋外ユニット

屋内ユニット

「パソリンク」のパラボラ&屋外ユニット(左)、屋内ユニット(右)

―NECの「パソリンク」には、どんな特長があるのでしょうか。

佐々木:「パソリンク」には、3つの大きな特長があります。第1の特長は、「小型・軽量」という点です。NECがこれまでの経験を活かして開発した縦横13cm×13cmほどの屋外ユニットは、世界ー※の小型・軽量化を実現しています。この「小型・軽量」によって、山岳地帯や砂漠などにおける運搬や設置工事がとても容易になります。また、国によっては設置する鉄塔の強度が低いといった課題があるのですが、小型・軽量の屋外ユニットなら、そうした国々へ対応することもできます。

第2の特長は、「低消費電力」です。信号処理の容量が増えても多くの電力を消費しない低電圧デバイスを自社開発することによって、地球環境にやさしいだけでなく、導入したお客さまのランニングコスト低減というメリットを実現します。

第3の特長は、「堅牢性と高信頼性」です。障害などに対する高い信頼性が要求される電話やテレビなど、幹線系通信システムの実績をベースに生まれた「パソリンク」は、海外の過酷な条件下でも安定稼働を実現します。「パソリンク」の故障発生率は、なんと100年に1度あるかないかという、すぐれた信頼性を誇っているのです。

  • NEC調べ

写真:エジプトでの設置例エジプトでの設置例

―現在「パソリンク」は、どんな場所で、どのように活用されているのでしょうか。

佐々木:現在NECの「パソリンク」は、モバイル通信のインフラとして世界中で活躍しています。人々が手にした携帯電話やスマート端末から携帯基地局に集まった情報をさらに上位の基地局へ伝送したり、上位の基地局同士を結ぶ「パソリンク」は、アジアをはじめ、欧州、中南米など、実に世界150ヵ国以上の国々へ累計220万台※も出荷されています。

-30℃から55℃という厳しい環境でも安定稼働する「パソリンク」は、過酷な自然条件の場所でも、その力を発揮しています。

現在、日本におけるモバイル通信のインフラは光ファイバが中心ですが、災害対策の重要性が高まっている最近では、災害時における緊急用ネットワークとして、日本でも改めて小型のマイクロ波無線システムが注目を集めているのです。

  • 2014年6月末時点

ジャパン・クォリティの力を、福島から世界へ。

―マイクロ波通信システムにおけるNECの最大の強みとは、何ですか。

写真:工場ラインの様子工場ラインの様子

佐々木:デジタル信号処理を行うLSI開発やRFの高周波回路設計をはじめ、伝送装置の開発から製品の製造まで自社で一貫して行う総合力が、NECの最大の強みだと言えます。

国や事業者によって周波数帯が異なり、設置される場所によって必要な出力や伝送容量も異なるため、出荷される「パソリンク」の仕様は1台ごとに異なります。このため装置の組み合わせは非常に多岐にわたり、言語対応を含めるとその数はさらに膨れ上がります。

現在、製品の製造は福島市の工場で熟練のスタッフの手によって行われていて、受注から納入までのリードタイムが約2~4週間という短納期を実現しています。世界のモバイル通信網を拡げているのは、日本の福島県といってもいいかもしれませんね。こうしたジャパン・クオリティが、世界をリードしているのです。

―NECの強みとして、他にはどんなモノがありますか。

佐々木:グローバルな販売力も強みのひとつです。現在NECは、世界を6つのエリアに分け、それぞれに現地拠点を設けて積極的な販売活動を展開しているほか、各エリアの現地ベンダーとも連携しながら販売強化を図っています。

また、多彩な周波数帯や伝送容量に対応した豊富な製品ラインナップで、環境や事情が異なるさまざまな国のニーズに最適なシステムを提供できるのも、NECの大きな強みです。

NECは、マイクロ波無線通信システム市場において、世界トップベンダーの1つとして強固な地位を築いています。ライバルは世界の競合ベンダーであり、シェア争いは非常に厳しいですが、お客さまに満足していただける高品質な製品の開発に日々取り組んでいます。

事業存亡の危機から、劇的な復活へ

―NECのマイクロ波通信事業は、どのように進展してきたのですか。

写真:佐々木 英作 氏

佐々木:NECが、マイクロ波を使ったシステム開発に着手したのが1930年代と言われています。いまから、約80年以上も前のことですね。そして50年代に入ると電話やテレビ放送など、幹線系といわれるマイクロ波伝送装置の開発・製造で業績を大きく伸ばしました。

1969年には、世界に先駆けてデジタル波マイクロ通信システムを商品化しています。その後、技術開発を進め、1980年代には日本中にデジタルマイクロ波通信網が張り巡らされました。しかしながら、90年年代中頃からは、日本国内全体に光ファイバが整備されていった結果、マイクロ波システムの市場は急速に縮小していったのです。

大きな収益源であった国内市場を失い、大きな危機に直面した私たちは、CATVやビデオオンデマンド分野など、さまざまな事業を模索しました。

―最大の事業危機からの劇的な復活。その理由を教えてください。

佐々木:今後、基幹通信インフラとしてのマイクロ波無線通信システムの活用は難しい。そこで、決断したのが1990年代後半から急速に立ち上がってきた海外の携帯電話網のインフラ装置市場への集中でした。

山岳や島などの地形に左右されない。洪水や地震などの自然災害に強い。点在する局舎のため、テロなどに対する防衛が容易。加えてマイクロ波無線通信システムの最大の魅力は、工事が容易で、敷設工事を行わなければならない光ファイバに比べシステム構築にかかるコストや時間が圧倒的に少なくて済むという点でした。

また、海外の広大な大地では光ファイバの敷設が難しく、非効率的という背景もありました。マイクロ波無線通信システムの強みを活かす場所がまだまだ海外にあるじゃないか、という決断が事業の進路を大きく変えたのです。

ですが、そこにはクリアしなければならない課題がありました。それは、システムの価格でした。どんなに高性能で高信頼性のシステムであっても、価格が高ければ海外の市場では売れません。低コスト化のために、私たち技術者も奮起しました。

品質や信頼性を落とすことなくコストを下げるため、回路の高集積化を図ったり、新しいLSI開発によって部品点数を下げるなどさまざまな技術や工夫によって、世界に通用するハイコストパフォーマンスを実現したのです。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る