ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Innovators 100 Series
  4. Vol.26 世界中の企業をスマートな活性化へ導くマーケター ロナルド・シャーペンドンク
ここから本文です。

Innovators 100 Series Vol.26 ロナルド・シャーペンドンク

世界中の企業をスマートな活性化へ導くマーケター

2015年11月2日

Vol.26 CHAPTER2 世界中の企業をスマートな活性化へ導くマーケター ロナルド・シャーペンドンク"「チーム・ワーク」は「ドリーム・ワーク」。そう考えることで、何かを変え、影響を与えることができる。 "
NEC エンタープライズ・ソリューション(EMEA) マーケティングディレクター:ロナルド・シャーペンドンク

―「Empowering the Smart Enterprise」というスローガンは今や世界中で展開されています。調整は大変でしたか?

写真:ロナルド・シャーペンドンク 氏

ロナルド:「スマート・エンタープライズ」のグローバル展開は1つの成果だと思っています。様々なメンバーが参画し、彼らの強力なチームワークで成し遂げられたものです。技術とグローバルビジネスの展開の両面で、海外拠点がNECの製品を提案するためのベストな方法を模索しているところだったというのも、ちょうどよいタイミングでした。

EMEA地域だけでなく、世界中のNECの拠点が変革を進めています。そういう時期ですので、NECのITとコミュニケーションの技術・製品を組み合わせるというマーケティングのメリットを示せば、関係者を説得するのは難しいことではありませんでした。

―このような変革を行ったことで、自信がつきましたか?

ロナルド:正直に言うと、「Empowering the Smart Enterprise」というスローガンだけが瞬時に頭にひらめいたんです。ひらめきを元に、適切な要素を組み合わせたのです。

偶然のひらめきとは申し上げたものの、実際私は、「Empowering the Smart Enterprise」はスローガン以上のものだと思っているんですよ。将来企業が進むべき方向性を示す「スマート・エンタープライズ」コンセプトを作り上げた、その背後にある哲学であり、思考プロセスそのものだと思っているんです。

私は「スマート・エンタープライズ」というコンセプトが、世界中のチームに認められていること、NECのビジネスの発展に寄与できることを誇りに思います。

―このプロセス全体は、企業としてNECにどんな意味がありますか?

ロナルド:NECは、オープンかつあらゆる技術をもつ会社で、本当に多くの人が「スマート・エンタープライズ」コンセプトの策定プロセスに関与してきました。2年間のコンセプト開発期間を経て、私たちが考えたアイデアや方向性が、関係幹部に全面的に支持されたことは、企業にとって素晴らしい成功体験になったと思います。

また、業界アナリストは、NECがIT技術とコミュニケーション技術を統合した強い製品で、業界 の変革を後押しする企業だと認識しています。

―業界の変革とはすごいですね。NECの技術サプライヤとしての差別化ポイントはどういった点だと思いますか?

ロナルド:お客さまに自信をもってお出しできる新製品を提供し、最後まで頑張るところですかね。ブランド構築は、単にITとコミュニケーションを組み合わせることだけでは実現できません。しかし、私たちがITとコミュニケーションの統合を進めるために費やしてきた努力と時間は、ブランドを構築していく上で確実に役立っています。

私たちは、今、新規のお客さまが自信をもってITとコミュニケーションを統合したインフラ環境を構築できるよう、「スマート・エンタープライズ」フレームワーク導入の成功事例を積極的にアピールしています。

既存のお客さまは「スマート・エンタープライズ」というフレームワークの可能性を理解しているので、NECのパートナーであることに満足してくれています。業界アナリストが直々に認めてくれたことも、NECが強いプレゼンスをもたない地域であってもNECブランドを構築していく際の助けとなりました。

NECはいい会社です。お客さまやビジネスパートナーは、NECが信頼できる企業だと認識していますし、他社との差別化となる重要な技術を新たに開発するために、競合企業よりずっと多額の研究開発費をかけていることも、知っています。

私たちは、インハウスでITとコミュニケーション製品を開発し続けるスキルと知識をもち、業界における将来トレンドを創出できるという評価を得ている、数少ないグローバルベンダの一社なのです。

「スマート・エンタープライズ」の将来展望

―NECの研究開発力を背景に、 今後数年間でどのように「スマート・エンタープライズ」の枠組みを発展させていこうと考えていますか?

ロナルド:「スマート・エンタープライズ」のフレームワークは非常に優れた仕組みになっています。このフレームワークは、他の基盤技術とソリューションのさらなる統合を促す一種の促進剤のような役割を果たすため、中小企業から大企業まで、よりスマートにすることができるだろうと思います。

たとえば、IoT(Internet of Things)の発展は、BtoB市場においてNECのソリューションを豊かにするものと確信しています。 IoTは理論上は「スマート・エンタープライズ」のフレームワークと親和性があると考えています。

―「スマート・エンタープライズ」というコンセプトは、社会のさらなる発展に貢献することができるでしょうか?

ロナルド:企業は、NECが提供する多様なオプション(技術)を採用することで、生まれ変わることができます。役割や規模に関係なく、組織というものは効率的かつ競争力を高める新しい技術やソリューションを求めているのです。予算が削減され、成長が頭打ちになる不景気の時だけではなく、経済が伸長している時も常にそう考えています。

彼らが必要とするのは効率的な運用管理、そして、より進化したツールです。私たちは企業から官公庁などあらゆる組織がよりスマートになるよう「スマート・エンタープライズ」を絶えず改善しています。そのように、「スマート・エンタープライズ」のフレームワークはNECが輝く世界を奏でる(Orchestrate a bright world)ための強力な要素となるのです。

個人としてのインスピレーションと達成感

―今、どんな技術の進化に興味をもっていますか?

ロナルド:BtoBの領域に影響を与える技術にとても興味があります。最近では、IoTによって人間がいつもと違う考え方や働き方に気付くという現象に、刺激を受けています。新しい技術を使ったり、組み合わせることで、全く新しい企画を立てることができるのです。

―NECでの幅広い経験を通じて、あなたの仕事の哲学とは何でしょう。また、それはどのように変化してきましたか?

ロナルド:一番の仕事の哲学はチームワークです。いろんな人と働くこと、そして一緒に新しいアイデアを考え出すことが大好きです。私にとって、チームワークとはドリームワーク(夢のような仕事)なのです。

長年かけて、使えるリソースをよりクリエイティブに活用する術が、分かってきました。それはチームワークに関しても同じことです。チームのリソースを最大限に活用して最高の結果を出すには、そのチームが主体的になって、100%以上の努力をしてもらわなければなりません。優秀なチームを作れば、本当に、物事に変化と影響を与えることができるのです。

―仕事以外の時には何をするのが好きですか?

ロナルド:体力的にも精神的にも、健康を維持するために走っています。とても熱心にやっていますよ。週に3〜4回走っていて、年に一度マラソン大会に参加しています。街を走っていると、最高のアイデアを思いつくことがあるんです。走ることは、私がクリエイティブでエネルギッシュであり続けるための大事な燃料なのです。

妻と2人の子供と旅行するのも好きです。初等教育のプロジェクトにも携わっていて、そこでは、新しいテクノロジーがどうやって学習に組み込まれるのか、若い世代がどのように発達するかを考えるんです。子供がオンラインゲームやアプリケーションで遊び、オンラインでの繋がりを通じて新しい仕組みを考えたり、新たな社会を作っていく様子は、非常に興味深いですね。

写真

(2015年11月2日)

インタビューへのご意見を聞かせてください。


このインタビューはいかがでしたか?


NEC Information Squareやこちらのインタビューに関する感想を寄せてください。


  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。
  • いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る