ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Innovators 100 Series
  4. Vol.18 蓄電池を用いたエネルギーマネジメントの開拓者 工藤 耕治
ここから本文です。

Innovators 100 Series Vol.18 工藤 耕治

蓄電池を用いたエネルギーマネジメントの開拓者

2014年12月16日

Vol.18 CHAPTER2 蓄電池を用いたエネルギーマネジメントの開拓者 工藤 耕治NEC スマートエネルギー研究所 主任研究員 工学博士:工藤 耕治

―「分散蓄電池を用いたリアルタイム・デマンドレスポンス技術」を実現した、NECの強みとは何ですか。

写真:工藤 耕治 氏

工藤:NECには、家庭用やビル用、系統用、さらに電気自動車用など、さまざまな蓄電池を開発・提供している実績に加え、EV用の急速充電器など多彩なエネルギーコンポーネント技術があります。また、クラウドをはじめとする情報と通信ネットワークを融合したICTでも、NECは強みを発揮します。

中核技術のひとつである「仮想統合制御ソフトウェア」には、運用最適化を実現するために独自開発したさまざまなアルゴリズムが組み込まれています。高度な複数のアルゴリズムが、他社ではマネできない差異化につながっています。

「節電」や「ピークカット」「バックアップ」という従来の蓄電池の価値を大きく越え、「充放電」による新たな社会価値の創出も、さまざまな実績とアセットがあるからこそ実現できた、NECらしいイノベーションだと思います。

―「分散蓄電池を用いたリアルタイム・デマンドレスポンス技術」の開発で、難しかったことを教えてください。

写真:工藤 耕治 氏

工藤:「分散した蓄電池を束ねて全体最適な充放電をリアルタイムに行う」――そのためには、まず膨大な数の蓄電池の状態をすばやく正確につかむ必要があります。同時に、電力会社によって制御されている電力システムの需給状態を把握することも不可欠です。そうして集めた情報をもとに、需給バランスに応じて、各蓄電池に対し充放電の最適配分をタイムリーに、安定的に行わなくてはなりません。

情報を収集・連携する仕組みと、個々の蓄電池を制御する仕組みをそれぞれ協調させて、あたかも電力会社の電力システム網のように全体最適にコントロールする、統合システムとしてのスキームづくりがいちばん難しかったですね。

―研究プロジェクトを推進する上での、苦労はどんなものがありましたか。

写真左から、工藤、佐久間、橋本、矢野

工藤:さまざまな試行錯誤があったり、壁にぶつかったりと、技術開発における苦労もいろいろありましたが、最も苦労したのはプロジェクトを継続し、推進するマネジメントそのものでした。

組織変更によって所属するチームが変わったり、いままでにない技術開発であるため事業部から門前払いされるなど、実に多くの紆余曲折・艱難辛苦がありました。研究の継続をあきらめかけたことも、一度や二度ではありません。

そうした苦労を乗り越えられたのは、協力してくれるスタッフや支援してくれる事業部の存在があったからです。また、半導体レーザの研究者から転身し、蓄電池の充放電によって社会価値を創造するという、誰もやっていない新しい可能性の追求を選んだ私自身としては、この道で結果を出すまでは絶対にあきらめないという思いが、ずっと心の中にありました。

CO₂削減や新たなビジネス創出にも貢献

―「分散蓄電池を用いたリアルタイム・デマンドレスポンス技術」で、社会にどんなメリットや価値が生まれますか。

写真:工藤 耕治 氏

工藤:はじめの方でも触れましたが、最大のメリットは蓄電池ユーザの便益を向上させながら、再生可能エネルギーの安定かつ継続的な利用も可能になることです。万一の災害時には、病院や重要施設などへ優先的に電力を供給するなど、分散電源の有効活用によってライフラインや社会インフラの維持にも役立ちます。

また、電力需給バランスの調整に必要な火力発電量を減らすことで、CO₂排出量の削減や地球温暖化防止など、環境保全にも貢献することができます。さらに、電力事業の自由化や発送電分離といった時代の流れに伴い、エネルギー分野に対する新規事業者の参入が拡大して、新たなビジネスの創出にもつながるでしょう。

現在、IT関連企業や通信事業者、電機メーカをはじめ、これまで電力事業に関わっていなかったさまざまな業種・業界において、すでに積極的な動きがあります。また、電力の地産地消による地域の産業創生や変革なども期待されています。

―CEATECの経済産業大臣賞を受賞して、どんな反響がありましたか。

工藤:今回CEATECにおいて「経済産業大臣賞」を受賞することができました。反響は大きく、担当する事業部へのコンタクトの数も増えており、企業や自治体などからさまざまな問い合わせや実証実験の引き合いなどをいただいています。

今後は、より多くのお客さまや電力会社などパートナー企業と協業しながら、具体的な商用化に向けて取り組んでいきたいと考えています。分散蓄電池を活かして新たなビジネスモデルを創出する、異業種からの斬新なアイデアなども大歓迎ですね。

蓄電池を最大活用して、持続可能な社会の実現へ

―「分散蓄電池を用いたリアルタイム・デマンドレスポンス技術」の実現で、最もうれしかったことは何ですか。

写真:工藤 耕治 氏

工藤:やはり、「経済産業大臣賞」の受賞はうれしかったですね。研究開発の実績が、社会に認められたというのは、やはり大きいですし、今後の自信にもつながります。

また、研究所や事業部の中に、同じ目的を持った同志が増えてきていることもうれしいことのひとつです。これからは、この技術に対する理解がもっと広がり、NECの先進イノベーションとして、他社に先駆けて事業化が進むことを願っています。

―今後の展望や研究者としての思いを、聞かせてください。

工藤:今回開発したのは、公共機関や企業、一般ユーザが保有する機器を社会システムとして統合し、エネルギーの安定供給を通じて新しいエネルギー社会を構築するための基盤技術のひとつです。この技術は、特別な設備を構築したり、多大なコストをかけることなく、ふだん利用している蓄電池を地域や社会でシェアして有効に利用することで社会コストを低減することができます。

今後は、この技術のさらなる高度化を図るとともに、パートナーや制御可能な機器の種類や数、領域を、もっともっと増やしていきたいですね。さまざまなエネルギーコンポーネントを連携・調和させ、再生可能エネルギーが自然と根づいていけるようにし、持続可能な社会の実現へ向けて、これからも努力を続けたいと思っています。

―工藤さんの趣味やオフタイムの過ごし方を教えてください。

写真:工藤 耕治 氏

工藤:現在、私は玉川事業場勤務として単身赴任中で、家族は、つくば近郊に暮らしています。私にとっては、週末に家に戻って、家族と共に過ごす時間。それが、いちばんの息抜きですね。二人の娘とは、部活の様子を聞いたり、受験についてアドバイスしたり、いろいろおしゃべりしています。息子とは、キャッチボールをしたり、また二人でサイクリングを楽しんだりしています。

私は、自分の仕事についても差し障りのない範囲で家族に話します。今回の受賞で、娘たちから言われた「お父さんのやってたことはすごいことだったんだね」とか「頑張ってよかったね」という言葉も、ホントうれしかったですね。親バカかもしれませんが、今後の励みにもなります(笑)。

(2014年12月16日)

インタビューへのご意見を聞かせてください。


このインタビューはいかがでしたか?


NEC Information Squareやこちらのインタビューに関する感想を寄せてください。


  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。
  • いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る