ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Innovators 100 Series
  4. Vol.08 データ分析基盤設計のスペシャリスト 菅野 亨太
ここから本文です。

Innovators 100 Series Vol.08 菅野 亨太

データ分析基盤設計のスペシャリスト

2014年3月10日

Vol.08 CHAPTER2 データ分析基盤設計のスペシャリスト 菅野 亨太NEC 中央研究所 情報・ナレッジ研究所 データ&テキストマイニング テクノロジーグループ 主任: 菅野 亨太

―異種混合学習技術のデータ分析基盤設計における、苦労は何ですか。

写真:菅野 亨太 氏

菅野:現在、私たちは機械学習のひとつである異種混合学習技術の基盤デザインを主に担当していますが、機械学習やアルゴリズムについての知識がまず必要です。その知識がないと、アルゴリズムの開発者と専門的な議論をしたり、意見交換すらできないからです。さらに、分散処理やデータベースなどの周辺技術に対する広い知識も必要なので、そうした努力はかなり大変ですね。
また、研究者同士での思考法や価値観などの違いもあり、互いの意見や世界観を尊重しながら、仕事を進めることに難しさを感じることもけっこうありました。北米の研究所にいるアルゴリズムの開発者とは、基盤開発に関する長いメールを50回くらいやりとりして、熱い議論を重ねたという経験もしました。

―菅野さんが現在担当している業務について、教えてください。

写真:菅野 亨太 氏

菅野:最初の方でお話ししたように、データ分析の処理基盤技術チームのリーダーと、ソフトウェアの基盤デザインのリーダーと、2つの仕事を兼務しています。
前者の仕事では、研究テーマの立案やメンバーへのアドバイス、技術的な討議などを行っています。後者では、研究所内にあるさまざまなアルゴリズムや周辺技術をうまく統合するためのコーディネートを進めるほか、基盤のアーキテクチャやソフトウェアのデザインを行っています。
さらに、お客さまへ価値の高いソリューションをご提供するために、さまざまなエンジンや技術など、NECが持つすぐれた資産を組み合わせたプラットフォームの強化や充実にも積極的に取り組んでいます。

開発で大切なのは、つくり過ぎないこと

―ソフトウェアの基盤開発者として、菅野さんが最も重視している点は何ですか。

写真:菅野 亨太 氏

菅野:重視している点は、大きく3つあります。第1は、逆説的な言い方になりますが、ソフトウェアを「つくり過ぎない」ようにすることです。ソフトウェアは規模が大きくなればなるほど制約が増えて、柔軟性や汎用性が低下します。長期的な視点が大切なソフトウェアの基盤デザインにおいては、技術の変化やお客さまのきめ細かな要望に応えられる柔軟性やゆとりが不可欠です。いいソフトウェアとして将来的に成長し続けていくためには、つくり過ぎないことが大事なのです。
第2は、コードをきちんと見ることです。私たちの仕事はつくるモノを決めて、設計して終わりというわけではありません。長期的な成長を目指す基盤開発では、デザインしたソフトウェアが適切であるかという検証を行うことが必要です。この検証は、動くコードがあって初めてわかることなので、コードをきちんと見ることはソフトウェア開発にとって欠かせない重要な作業です。
最後は、当たり前のようですが妥協をしないで、ベストをつくす。その意識をチームみんなで持ち続けることです。メンバーなど周囲の理解を得ながら、みんながベストの力を出せる環境づくりを心掛けています。

―菅野さんにとって、仕事のやりがいは何ですか。

菅野:私自身が好奇心旺盛なので、研究者としてさまざまな分野を勉強し、知識を身につけていくことにやりがいを感じます。新しいモノを知ることに、楽しみを感じます。分析とか整理などの作業も好きですね。部屋とかデスク周りとかの整理は、ぜんぜんダメですけど(笑)。
もうひとつのやりがいとしては、いろんな人たちに「いいね!」といわれるソフトウェアをつくっていくことです。開発者としてソフトウェアをつくったらおしまいというのではなく、お客さまをはじめ、機能拡張や運用を担当するSEの方たちなど、つくったソフトウェアに関わるたくさんの方々から評価され、認められた時、いちばんのやりがいを感じます。

―基盤開発における、今後の展望を教えてください。

菅野:異種混合学習技術はとても汎用性が高いため、今後いろいろなエンジンとして発展したり、活用シーンも大きく拡がっていくと思います。現在、基盤開発としての立ち上げは成功した段階なので、これからは息切れせずにあせることなく、サステイナブルに成長させていきます。
それ以外の領域では、NECが世界に誇るさまざまな分析エンジン、分散処理などの計算処理基盤技術、さらにデータベース技術などと連携して、これまでにない新しいソフトウェアの価値を創造するための次なるチャレンジにも、積極的に取り組んでいきたいと思っています。

美しいコードは、まるで上質な文章のよう

―菅野さんの開発者としての、こだわりを教えてください。

写真:菅野 亨太 氏

菅野:開発者として当たり前かも知れませんが、私はソフトウェアに対する思い入れがすごく強いんです。ですからチームのメンバーからは、細々としたところまでウルサイと思われているかも知れませんね。でも、それはソフトウェアが大好きだからです。好きだからこそ、細かなところまでおろそかにしたくないんです。
美しいコードに対するこだわりも、そのひとつです。「美しい」というとエモーショナルに聞こえるかも知れませんが、合理性を持って整合的に書かれたコードには、美しさを感じます。美しいコードは、すぐれた文章に似ているともいえます。章立てがしっかりしていて、ムダや冗長的な部分が少ない。しかも、流れがスムーズ。これが美しいコードです。美しいコードは、保守を容易にしてくれるほか、将来的な変更なども小さな部分修正だけで済むなど、実際の運用を楽にしてくれます。ですから私は、どんなに忙しくてもコードはしっかりチェックします。美しいコードは読んでいて気持ちがいいですね。
一方で、美しくないコードに出会った時は、やがてトラブルを生むのではとないかと、モヤッとした気持ちが湧き起ります。そんなコードに出会った時には、メンバーと相談しながら、将来トラブルの種にならないように、しっかり修正します。

―仕事を離れた菅野さんの、素顔を教えてください。

写真:菅野 亨太 氏

菅野:仕事を離れた時には、非日常の時間を大事にしています。たとえば、博物館へ足を運んだり、ミュージカルを観たりします。博物館は特に目的を持っていくわけではなく、気が向いた時にひとりでブラッと入ったりするのが好きです。何気なく入った国立博物館でダイオウイカに出会って、ラッキーみたいな感じです。アメリカのパロアルトで研究生活を送っていた時には、「レ・ミゼラブル」など本場のミュージカルも鑑賞しました。
突然温泉宿に行って3日間くらい、本を読みながらのんびりするのも好きですね。温泉に浸かりながら、ふだん見ているモノから目を離して頭の中をまっ白にする。気分転換が主な目的ですが、非日常の中で頭の中を一度リセットすることは、再び仕事に向き合った時に、いままで気づかなかった新しい解決策を見つけたり、つくるモノに対する方向性がよりはっきり見えてくるなど、基盤デザインにも役立っています。かなり、こじつけかも知れませんが。

(2014年3月10日)

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

インタビューへのご意見を聞かせてください。


このインタビューはいかがでしたか?


NEC Information Squareやこちらのインタビューに関する感想を寄せてください。


  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。
  • いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る