ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・生産等)
  3. IFS Applications
  4. テーマで探す
  5. 設備保全モバイル連携
ここから本文です。

製造業向けグローバルERP「IFS Applications」

設備保全モバイル連携

IFS Applicationsは豊富な設備保全業務機能を有しています。モバイル端末を活用することで、効率的な保全情報の確認、確実な実績報告を実現し、設備保全業務全体の効率化を実現します。

設備保全業務の課題と解決のポイント

設備保全業務には様々な課題があります。

・ノウハウの共有化
・計画的な保全活動の実施
・設備情報や作業履歴の迅速な確認

これらの課題に対して、モバイル端末を活用することで、効率的で確実な設備保全業務を可能にします。

モバイル端末を用いた作業管理のイメージ

下記作業をモバイル端末を使って実施することにより、リアルタイムな実績情報の収集と担当者の作業効率の向上の両立が可能になります。

Mobile-maintenance-flow

①作業一覧確認

モバイル端末を利用することで、外出先から簡単に今日の作業予定の情報を確認できるようになります。

  • 表示される作業予定は、納期順/優先度順に並べ替えできます。
  • 端末上ではお客様名や住所、作業目的や開始/終了予定時間の確認ができます。

②場所確認⇒移動

作業担当者は訪問先へのルートや所要時間を確認し、担当者のスケジュール立案を支援します。

  • 目的地へのルートを確認できます。
  • 現在地と訪問先のルートを地図上に表示します

③作業実施

設計図面や取扱いマニュアルなどのドキュメント情報を設備に紐付けて管理できます。
これにより現場でモバイル端末からドキュメントの確認ができるようになり、作業の漏れやミスを削減できます。

④作業報告

文字での実施報告の他、写真のアップロードも可能になり、情報の伝達性が向上します。
蓄積された実績報告は、業務ノウハウとして共有/活用できます。


その他のテーマ別ソリューション

ページの先頭へ戻る