ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・生産等)
  3. IFS Applications
  4. テーマで探す
  5. 設備とのリアルタイム連携
ここから本文です。

製造業向けグローバルERP「IFS Applications」

設備とのリアルタイム連携

e-F@ctory連携ソリューション概要

三菱電機e-F@ctoryAllianceロゴ

e-F@ctory連携ソリューションは、三菱電機株式会社のFA制御機器とNECがクラウドサービスでも提供している「IFS Applications」を組み合わせた三菱電機とNECの協業によるサービスです。

e-F@ctory連携で実現できること

これまで、企業は、FA機器とERPシステムを別々または一方だけを導入していたため、複数部門にデータがまたがった場合に、「データ連携に時間がかかる」、「データのトレースができない」、「一元化して見ることが難しい」など、情報の見える化を妨げる課題がありました。

MELSEC- Qシリーズをプラットフォームとした「MESインタフェースIT」とクラウド対応「IFS Applications」を組み合わせることで、現場のリアルタイムな生産進捗の把握および品質情報の見える化を行い、品質問題の未然防止や問題が発生 した際の迅速な対応を実現します。さらに、設備の消費電力を部門や工場をまたいだ形で情報を見える化することにより、環境負荷の低減といった価値を生み出すことが 可能になります。

三菱電機FAサイトはこちら
三菱電機との協業プレスリリースはこちら

生産進捗確認の業務イメージ

①データ検索画面

生産現場ではモバイル端末を用いて進捗状況や設備故障などの問題の把握をその場で行い、リアルタイムな進捗状況の見える化を行います。

②製造指示一覧画面

これにより、設備の故障や計画に遅れが発生した場合に、即座に対応することを可能にします。


その他のテーマ別ソリューション

ページの先頭へ戻る