ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・生産等)
  3. IFS Applications
  4. テーマで探す
  5. 国際会計基準(IFRS)対応
ここから本文です。

製造業向けグローバルERP「IFS Applications」

国際会計基準(IFRS)対応

概要

グローバルERPパッケージである「IFS Applications」は、主要なIFRSの要件に対応しています。
1.複数元帳管理
通常の総勘定元帳(General Ledger)とは別に、内部元帳(Internal Ledger)を利用することで、複数の会計基準の元帳管理が可能です。取引に応じて、複数元帳への同時更新、どちらかの元帳への更新、それぞれの元帳に異なる更新や配賦などを行うことができます。

2.収益認識の変更
IFSではパラメータの設定によって、検収基準への対応が可能です。

3.セグメント開示
経営上の意思決定を行うために必要なセグメントの管理が可能です。セグメントの内容、順序、桁数については各企業毎の経営管理方針に基づき、自由に設定できます。また、各セグメントは階層管理が可能です。

4.財務諸表の変更
IFSの各種レポートツールによって、総勘定元帳データ、予算データ、仕訳データなどに対し、パラメータ設定のみで様々な帳票の作成が可能です。

5.棚卸資産の評価法の変更
IFSでは棚卸資産の低価法による見直しに対応可能です。

6.過年度の遡及修正
連結レベルの対応、もしくは個社の会計システムの対応が必要になる場合があります。IFSでは過年度データの修正仕訳の入力、修正履歴の保持など遡及修正を管理することができます。


その他のテーマ別ソリューション

ページの先頭へ戻る