ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・生産等)
  3. IFS Applications
  4. MESソリューション
ここから本文です。

製造業向けグローバルMESソリューション

IFS Applications for MES

グローバルな市場変化に即応できる次世代型製造業に生まれ変わるために

日本の製造業は今、グローバルでの生き残り・市場拡大にあたり、様々な課題に直面しています。
市場環境の変化や多様化するニーズへの対応、業界固有の品質規格に対応したものづくり、品質問題発生時の迅速なトレースと対応などが求められています。これらの課題やニーズに対応しながら、必要なものを必要なだけ、良品をタイムリーにお客様に届けられるものづくりを実現するにはどうすればよいのでしょうか。
「MES」の理解を深めたうえで、製造業における様々な課題の解決ポイントをお教えします。

MESとは

MESとは、「Manufacturing Execution System」の略で”製造実行管理システム”を指します。
従来はERPシステムで主に品目・数量・日付を管理してきましたが、現在の「ものづくり」においては、在庫の削減、生産の高度化、生産性向上が求められており、そのためにはより詳細な管理が必要となります。
工程単位、ロット/シリアル単位、現場保管場所単位、分/秒単位、設備単位、作業者単位に実績を収集、分析につなげられるシステムが必要であり、この役割をMESが担います。

それでは、MESはERPシステムとは何が異なっているのでしょうか。

ERPとは「Enterprise Resource Planning」の略で、企業における経営資源(ヒト、モノ、お金、情報)を一元管理し、この経営資源を業務組織横断で有効活用し、利益最大化を目指します。
ERPシステムは、経営および業務組織部門が一体となり、利益最大化を実現するための情報管理基盤を提供するシステムなので、生産管理領域においては、主に品目・数量・日付を管理しています。

MESとERPシステムの役割の違いを整理すると、下記のようになります。

上記のような詳細な管理を実現するために、IoTを活用し、様々な「もの」をインターネットに接続し、情報交換することにより相互に制御する取り組みが進んできています。


ものづくりにおける「もの」とは、Man(人)、Machine(設備)、Material(モノ)、Method(工法)、Measurement(測定・検査項目)のことです。
IoTを利用したMESにより、より高度な製造現場のQCD活動の管理が実現可能になってきています。

解決すべき課題と解決のための3つのポイント

解決すべき課題

グローバルな市場環境やニーズの変化への柔軟な対応

  • グローバルで多様化する顧客個別ニーズに対応しながら、過剰な在庫を抱えたり欠品を起こすことなく柔軟なものづくりができるか
  • 顧客ニーズ(コスト、品質、納期)を満たすものづくりができるか

国内工場で蓄積されてきた「技術ノウハウ」の伝承と維持

  • どこの工場/地域でも品質にばらつきがなく、ものづくりができるか
  • 熟練の作業者が退職後、技術ノウハウ継承ができるか

品質問題によるブランドイメージ低下や対応費用の増大

  • グローバルな品質基準や業界標準に対応したものづくりができるか
  • 不良品の発生を早期に予測したり、不良品を作らない環境が整っているか
  • 市場クレームに迅速に対応できるか

解決のための3つのポイント

グループ全体におけるグローバルレベルでのスループット向上

  • 在庫削減やLT短縮のための現場革新活動による、ストックポイントの変化に柔軟に対応できること。具体的にはPUSH型(見込生産・受注生産)、PULL型(後補充生産)の混在する様々な生産形態に柔軟に対応できること
  • IoTを活用し、止まらないライン・良品の製造を実現すること
  • グローバル共通のKPIでの横並び評価により、ものづくりの標準化と向上を実現できること

熟練者ノウハウの形式知化と迅速な工場・ラインの立上げ

  • 作業手順や品質情報など5M情報を標準化(一元化)し、迅速に工場/ラインの立ち上げができること
  • 熟練者のノウハウをマニュアル化し、他作業者への伝承や品質のばらつきを抑制できること

サプライチェーン全体の一貫した品質の維持・トレーサビリティの実現

  • 製造指示/実績の情報をMESで蓄積することにより品質問題発生時に迅速なトレース対応が可能なこと
  • 業界規格のFDAやTS16949にシステムとして対応できること

課題を解決するNECのソリューション

IFS Applications for MES™(製造実行管理システム)は,見込生産・受注生産・後補充生産などのさまざまな生産形態に対応できるので、顧客基点のものづくり実現のため業務改善にも迅速に追随可能。
個々の設備の可動率向上や個別の現場の業務改善に留まることなく、ライン、工場、さらには全社としてのスループット向上を実現します。

IFS Applications for MES

IFS Applications for MES の特長

「IFS Applications for MES」 を導入すると、製造の指示/実績データを蓄積・見える化でき、ライン全体や工場全体の最適化が可能になります。

5M情報管理、スループット向上

5Mに関連する各種マスタ情報を管理、上位生産管理システムやPLMと連携します。様々な役割・階層に合わせた指標で見える化を実現/分析し、ライン、工場、企業全体のスループット向上を支援します。

IoT連携

生産設備から取得した製造実績情報を連携することで、現在状況やアラームを見える化し、早期解決策の立案を支援します。また様々な現場端末を利用して効率的な実績収集を実現します。

PUSH、PULLハイブリッド

見込生産、受注生産のいずれの生産形態にも対応できます。また製番、MRPと連動したPUSH型、かんばんを利用した在庫補充(PULL)型のいずれにも対応しています。

グローバル対応、マルチサイト対応

各国のマルチサイトの現場情報を一元化し、現場の見える化及び改善を支援します。またお客様の要望に合わせて、国を考慮した最適な支援体制を構築します。

業務改善に追従

上位ERPと連携したマスタ以外に、MES独自マスタの追加・変更が可能です。また現場革新による工程や在庫ストックポイントの変更にも追随可能です。

ステップアップ導入

お客様のご要望に合わせて、ステップアップ導入が可能です。1工程(1設備)に導入後、複数工程(複数設備)、工場全体、他工場展開などが可能です。

NECでもグループの工場全体で”開発・生産基盤の統合”とIoTの活用を推進しています。 NECでの取り組み事例の最新はこちらからご覧いただけます。

資料ダウンロード/お問い合わせ

「IFS Applications for MES」の詳しい説明資料を差し上げます。
ご請求はこちらから。※会員登録(無料)が必要です。


ご相談・ご質問などはこちらのフォームよりお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る