ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. HULFT Series
  4. HULFT-SAN
  5. 特長/機能
  6. 特長
ここから本文です。

HULFT-SANの特長

ディスクアレイを利用した高速転送機能

データ転送がSCSI、またはファイバチャネルで接続されたディスクアレイ上の共有ボリュームを介して行われます。LANへ負荷をかけずに大容量ファイルを高速に転送することができます。

転送経路を二重化

SANに加え、LAN転送を使用したデータ転送を行うことができます。何らかの理由でSAN転送が正常に行えない場合は、自動的にLAN転送に切り替わり、その理由が表示されます。またあらかじめSAN、またはLANの転送方式を選択することも可能です。

セキュリティ強化

データ転送がSAN環境の中だけでやり取りされ、LANを経由しないので、外部からの不正アクセスによるデータの改ざんや漏洩を防止でき、データの安全性を強化します。

HULFTとのシームレスな連携

SAN転送を行っていないサーバとも、HULFTを利用することでシステム間連携を容易に実現します。

メインフレーム側のCPU負荷を軽減(※)

メインフレーム側からはデータ転送に関するファイルの入出力が行われないため、メインフレーム側にCPU負荷をかけない高速転送を実現します。

  • 日立製作所製ディスクアレイと連携時のみ適用となります。

容易な運用管理と運用コスト削減

HULFTの運用管理機能を継承していますので、HULFTと同様に容易な運用を実現。また運用管理を一元化できるため、TCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)の削減にもつながります。

SANの有効活用

SANを単にサーバ←→ストレージ間のデータアクセス経路としてだけではなく、ストレージを経由したサーバ間での転送が容易に実現するため、ネットワーク経路として有効活用できます。

ページの先頭へ戻る