ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. HULFT Series
  4. DataMagic
  5. 特長/機能
  6. 基本機能
ここから本文です。

DataMagic 基本機能

マッチング機能

入力ファイルとキー値で関連する複数ファイルを使用して、入力ファイルのレコードとマッチングファイルのレコードを結合し、一つのデータとして出力することができます。

マッチング機能

マージ機能

2つ以上のデータを1つのデータに集約できます。「重複行の扱い」は、設定により削除の有無を選択できます。

マージ機能

出力先振り分け機能

抽出条件に沿って、出力ファイルを振り分けることができます。

出力先振り分け機能

数値項目演算機能

演算した結果を出力項目の値として出力できます。

数値項目演算機能

データ抽出機能

入力データから、指定した条件に合致したデータのみを抽出することができます。

データ抽出機能

項目入替機能

入力データの項目を入れ替えて、別のフォーマットにすることができます。

項目入替機能

項目結合・分割機能

単一項目を複数項目に分解したり、複数項目を単一項目に結合して出力できます。

項目結合・分割機能

その他の機能

  • 全角半角機能
  • 出力フォーマット指定機能
  • 入力ソート機能
  • 属性変換機能
  • 日付項目演算機能
  • 関数機能
  • マッピング機能
  • 動的指定機能
  • ユーザ出口変換機能
  • データ挿入機能
  • 仕様書出力
  • チュートリアル
  • カスタムエラー
  • ステップ実行

コード変換機能

ユーザ定義の外字やEBCDICへの変換、Unicode変換時に問題となるWindows固有文字(~‖-¢£¬)に完全対応。CSV、XML形式や階層フォーマットによる全銀・CII等の標準フォーマット変換も可能です。旧バージョンでは、JIS第一、第二水準に定義されていない文字は、外字テーブルの登録が必要でした。最新版の「DataMagic Ver.3」からはSHIFT-JIS、IBM漢字、UTF-8、UTF-16間でコード変換を行う場合、JIS第一、第二水準に定義されている文字以外も変換するか選択ができます。またUTF-8、UTF-16についてはIVS(異体字セレクタ)にも対応しています。

  • ユーザー定義の外字、EBCDICコードへの変換が可能
  • 同一漢字コード種の外字変換も対応
  • 半角⇔全角変換に対応(カナ/英字/数字/記号)
  • Windows固有文字(~∥-¢£¬)にも完全対応 *2011年1月末現在
  • Windows Vista対応として、2,642文字の外字登録用テンプレートをSJIS、UTF-8の両フォントで標準装備

コード変換機能

  • DataMagic Desktopはコード変換機能がありません。

ページの先頭へ戻る