ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. HULFT Series
  4. HULFT
  5. 特長/機能
  6. HULFT8 オプション(HULFT8 Script Option)
ここから本文です。

HULFT8 オプション(HULFT8 Script Option)

ファイル転送前後に発生する処理をGUIで簡単作成 「HULFT Script」

属人化しやすいバッチ・シェルスクリプトなどに頼らない社内標準化を進めてる方にオススメ

HULFTを使ったファイル転送の前後には、必ずデータ処理があり、バッチファイルやシェルスクリプト等によるプログラミングが必要です。HULFT Scriptを活用すると、GUIでスピーディーに業務処理を構築できるので、IT技術者の負担を低減し、コスト削減にも貢献。さらに、スクリプトは仕様書を生成し、ジョブのドキュメントとしても管理できるので、属人化を排除し、可視化された運用を実現できます。

HULFT8 Script Option

HULFT Scriptの特徴

  • ファイル転送前後の処理の作り込みの手間を解消
  • 12種類のテンプレートから素早く実装可能。
  • 作成したスクリプトの仕様書生成による属人化の解消。
  • データ連携ミドルウェア「DataSpider Servista」とのシームレスなアプリケーション連携。

●スプリクト

スクリプト

●マッピング

マッピング

テンプレートを使った HULFT Script活用例

HULFT Scriptのテンプレートを利用することで、下記のようなファイル転送前後に発生する便利な処理を簡単に作成できます。これにより高い生産性と可視化された運用を実現します。このテンプレートは今後もお客様の利用ケースにあった内容のものを順次拡張予定です。追加ファイルはHULFT.comにてご提供いたします。

●HULFT Scriptのテンプレート種類

配信系 フォルダ内全ファイル配信、指定ファイル配信
後処理系 転送異常のメール通知、圧縮+メール添付送信、圧縮+過去ファイル削除
運用系 HULFT起動、HULFT停止、HULFT再起動、制限時間と起動処理中断、時間帯判定、日付付きファイル名に圧縮、指定日以前ファイル削除

配信処理:「フォルダ内全ファイル配信」

特定のフォルダに保存された店舗の日次データをまとめて自動的に配信します。

フォルダ内全ファイル配信

集信後処理:「転送異常のメール通知」

ファイル転送が異常になった際に管理者にメールで通知できます。異常を素早く検知し、早急な復旧が実現できます。

転送異常のメール通知

HULFT Scriptを介したSFTP/FTPとのシステム連携

「一部システムで利用しているFTPとHULFTを接続したい」、「FTPからHULFTへ段階的にシステムを切り替えたい」といったお客様からのご要望にお応えし、HULFT ScriptにSFTP/FTP機能を追加。HULFTとFTPが混在する環境でも、シームレスにファイル転送処理を実行できます。

HULFT Scriptを介したSFTP/FTPとのシステム連携

HULFT Scriptケーススタディ

複数ファイルの自動一括送信を実現

ノンプログラミングで開発工数を大幅に削減

「DataSpider Servista」との連携でシステム間のつなぎの領域を拡大

アプリケーションやデータベース、クラウドサービス間の連携をノンプログラミングかつ、豊富なアダプタ機能によって、効率よく開発できるDataSpider Servista(データスパイダー サービスタ)。HULFT8とHULFT Scriptの連携から、さらに領域を広げ、DataSpider Servistaとのシームレスな連携により、複雑化するIT環境に求められる、より柔軟なシステム連携基盤を構築できます。

システム間のつなぎの領域を拡大

ページの先頭へ戻る