ページの先頭です。

サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. HULFT Series
  4. HULFT
  5. 特長/機能
  6. HULFT8 新機能・特徴
ここから本文です。

HULFT8 新機能・特徴

zOS/IBMi(旧i5/OS)版の追加

HULFT8で好評の機能がzOS/IBMiでも利用可能

ファイル圧縮転送によるパフォーマンス向上や、本番環境での転送テスト支援、設定項目の上限値拡張など、「HULFT8」で追加された機能がzOS/IBMi版でもご利用いただけます。

  • オンメモリで行うファイル圧縮方法の改善により、データ圧縮率を大幅向上(IBMi版のみ)。
  • 転送設定値の自動チューニング機能を追加、転送速度を自動で最適化。
    • 上記組み合わせによりファイル転送の安定した高速化を実現。

OSや使用言語が異なる環境でこそ真価を発揮

連携性の向上

システム連携処理を行う「HULFT Script」でSFTP/FTP連携が可能に

海外の取引先と手軽にデータ連携を行いたいというニーズにお答えし、HULFT ScriptにSFTP/FTP機能を搭載しました。海外で多いSFTP/FTP環境へのファイルの送受信をGUIで簡単に実施できます。その他、Ver.8.1.0からの新リリースとして、HULFT ScriptにLinux/zLinux版、UNIX版を追加。対応OSの拡充により、さらにHULFT Scriptの利用用途が広がりました。

    • HULFT環境を変更することなく、SFTP/FTPサーバとのデータ送受信とファイル操作が可能。
  • HULFT Scriptの対応OSも拡張し、Windows、Linux、UNIX、zLinuxで利用可能。

SFTP連携イメージ図

SFTP連携イメージ図

国際化対応強化

日本語、英語に加えて、中国語にも対応

海外でも安全、安心してHULFTをお使い頂くために、HULFTは1パッケージで日本語、英語に加えて、中国語にも対応しました。

  • GUI画面の中国語表示ならびに中国語簡体字のデータ送受信に対応。
  • 全機種「UTF-8」のデータ送受信に対応。
  • 日本語または英語以外の各国のOS環境でも運用が可能に。

HULFT8は1パッケージで日本語、英語、中国語の言語切り替えが可能※

言語表示だけでなく、YY:MM:DDやDD:MM:YYなど、国ごとに異なる日付書式の切り替えも可能です。
※中国語(簡体字)への切り替えはWindows版のみ対応となります。

環境設定画面で言語切替

ページの先頭へ戻る