Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

SX-9ベクトルスーパーコンピュータ

オペレーティングシステム(SUPER-UX)

UNIX標準の全通信機能をサポート

UNIX標準プロトコルのTCP/IPおよびBSDの全通信機能のサポートに加え、DNS、SNMPなどのプロトコルのサポートにより、ユーザニーズに応じた最適なネットワークが構築できます。また、APIとしてsocketシステムコールをはじめ、X Window(クライアント)システム、グラフィックス・ユーザ・インタフェースMotifを提供。アプリケーションプログラムの作成も容易です。

より強力なリソース活用・管理機能

マルチプロセッサ/マルチノードサポート

マルチプロセッサと並列処理をさらに強化してサポート。複数ユーザの利用によるシステムスループットの向上はもちろん、マルチタスク方式による並列処理により、ひとつのプログラムのターンアラウンドタイムを短縮しています。さらに、マルチノードシステムにおいてもシングルシステムイメージ(SSI)を実現。より使いやすく快適な利用環境を提供します。

リソースブロック機能

システムの持つ多数のCPUや大規模なメモリ資源の分割管理が可能。システム管理者が自在に最適なシステムを構築できます。特にノード内では、分割損のまったく発生しない、効率のよい資源管理を自動的に行うことができます。

高速入出力/大容量ファイル機能

高速入出力機能

大容量高速ファイル入出力のためのファイルシステム(SFS)を提供。バッファレスI/O、連続ブロック割り当て一括転送により、入出力性能が大幅に向上します。また、高速入出力サブシステム(IAS)では、主記憶装置のディスクキャッシュ機能や、並行入出力機能、非同期入出力機能も提供しています。

メモリファイル機能(MFF)

大容量の主記憶上に通常のファイルシステムを構築して高速の入出力を可能にするとともに、ディスクキャッシュとして利用する機能も提供します。これにより、高速一時ファイル、よく使うファイルのステージング、ディスクキャッシュなどの入出力の高速化手法を、すべて主記憶を用いて利用することが可能になります。

アーカイビングシステムのサポート

ファイルアーカイビングシステムSX-BackStoreをサポート。テープライブラリ装置などのアーカイビング装置やファイルサーバに、SXシステム上のファイルの自動マイグレーション/リコールがサイトポリシーに従って行えます。また、マイグレーションファイルの多重コピー、部分的ファイルのリコールにも対応するなど、安全性・効率性をさらに高めています。

テープライブラリ管理機能の提供

テープライブラリ装置を効率的に管理するためにvolcenterを提供。各種のテープライブラリ装置を、統一されたユーザインタフェースで一括管理できます。また、クラスタ環境においては、サーバノードに接続されたテープライブラリ装置を各クライアントノードから簡単にアクセスできるようになり、運用性が向上します。

強力なバッチ処理機能/ジョブスケジューリング機能

NQSII

従来のCUIコマンドに加えGUIコマンドをサポート。リソース状態のグラフィカルな表示と視覚的なオペレーションを可能にし、さまざまなシステム構成に対応可能な次世代バッチシステムです。クライアント機能、運用管理機能、ジョブ実行機能を物理的に分離することでSSIを実現。統一したユーザインタフェース、管理機能の一元化によるシンプルな運用管理、ジョブが使用可能な計算リソースの最適化が行えます。

gStorageFS

柔軟で快適な運用管理機能

チェックポイント・リスタート機能

実行中のプログラムを任意の時点で中断させ、後に再開させることができます。これにより、緊急ジョブの最優先実行や長時間ジョブの分割実行など、柔軟な運用が可能です。マルチノードシステムではNQSIIにより、マルチノードMPIプログラムのチェックポイント・リスタート機能および実行中のジョブを他の資源の空いているノードへ移すマイグレーション機能が利用できます。

運用管理機能

ネットワーク上のワークステーションからGUI画面を通して、SXシリーズの運転制御、構成制御、障害監視、資源状況監視や性能監視など、SXシリーズからPC、LAN接続までの分散システム管理を支援するミドルウェアです。

自動運転機能

自動運転制御装置(AOC)を利用し、システム電源の自動投入・切断はもちろん、環境異常の際の自動停止を実現。システム運用の省力化・無人化が可能です。

DNS
: Domain Name System
SNMP
: Simple Network Management Protocol
API
: Application Program Interface
SSI
: Single System Image
SFS
: Supercomputing File System
IAS
: Intelligent I/O Accelerator Subsystem
MFF
: Memory File Facility
ERS
: Enhanced Resource Scheduler
GFS
: Global storage File System
AOC
: Automatic Operation Controller

※ X Window System:X Consortium, Inc.の商標です。

※ Motif:Open Software Foundation, Inc.の登録商標です。

※ NQS:NASA Ames Research CenterのためにSterling Softwareが開発したNetwork Queuing Systemです。

※ NFS:米国Sun Microsystems社の登録商標です。

※ Linux:Linus Torvaldsの米国およびその他の国における商標、または登録商標です。

※ SGI、Altix:米国Silicon Graphics, Inc.の登録商標です。