ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

Supercomputing Conference

SC16

2016年11月14日-17日アメリカ・ソルトレイクシティでSC16が開催され、NECのHPCソリューションを中心に展示を行いました。会期中次世代ベクトルスーパーコンピュータProject Aurora、最新のインテル® Xeon Phi™を搭載したメニーコアサーバExpress5800/HR110c-M、高密度スケールアウトサーバDX2000の最新情報を公開いたしました。

展示内容

次世代ベクトルスーパーコンピュータ:Project Aurora

Aurora(*1)は、標準のx86 Linux環境でSX(*2)の超高速性能を実現する次世代ベクトルスーパーコンピュータです。

世界一(*3)のメモリ帯域、およびビッグコアを備える新アーキテクチャ「ベクトルエンジン」が、お客さまの研究・開発を加速します。

*1 開発プロジェクトコード名
*2 従来のNECベクトルスーパーコンピュータシリーズ名
*3 設計目標

SC16 Exhibitor Forum講演資料を限定公開中!

メニーコアサーバ:Express5800/HR110c-M

HPCDeep Learning、ビッグデータ処理、画像分析などを担うシステムには、極めて高い演算性能と電力効率、高密度実装や高いスペース効率が要求されます。

Express5800/HR110c-Mはインテル® Xeon Phi™ プロセッサーを搭載。強力な並列化およびベクトル化の実現により、このような要求に応えます。また、従来このような領域で利用されてきたGPGPUシステムとの比較においても、Express5800/HR110c-Mはシステム投資効率と開発スピードの点で大きなアドバンテージを有しています。


詳しい情報はこちら

高密度スケールアウトサーバ:DX2000

Scalable Modular Server DX2000は3Uのシャーシに最大44ノードを搭載できる高密度スケールアウトサーバ。その特長は、大規模な計算を少ないノードで可能にするコア当たりのメモリ容量、大幅な設置スペースの削減を可能にする計算密度の高さ、そして運用コストを削減できる消費電力の低さです。高性能と省電力性・省スペース性を両立するDX2000が、これからのHPCシステムを支えます。

詳しい情報はこちら

Intel、インテル、Xeon、Xeon Phiはアメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporation の商標です。

ページの先頭へ戻る