Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

ホテル総合クラウドサービスで「おもてなし」は、どう進化する?

いま、さまざまなビジネス分野で導入が拡がっているクラウド活用。

基幹業務から新たなゲストサービスの提供まで、幅広くサポートするNECの「ホテル総合クラウドサービス」によって、ホスピタリティは、どう変わるのか? ゲストの満足度は、どう変わるのか?

ゲストひとりひとりに合ったきめ細やかな「おもてなし」とは。

フロントでチェックインを済ませ、部屋に向かう。部屋に入ると冷房に弱い私は、まず空調の温度をチェック。私の好みの温度や照明に予め設定されていることに思わず笑みが浮かぶ。
やっぱりこのホテルグループは、どこのホテルを訪れても心地よい。

イメージ写真

ベッドサイドの電話機にふと目を向けると、ウェルカムメッセージとともに、ホテルからの案内が表示されている。
『○○さま。本日は地下のフレンチレストランに、ブルゴーニュのワインをご用意して、ご来店をお待ちしております』映しだされたワインは私の好きな銘柄だった。せっかくだから、今日のディナーはゆっくり時間をかけて楽しもう。

壁際の薄型ディスプレイに目をやると、画面にいろいろなプログラムメニューが浮かび上がる。ホテルの館内や施設紹介、レストランのおすすめメニュー、さらに約款までディスプレイで見られる。なるほど。部屋がすっきりしていると感じたのは、分厚い施設案内やいろいろなパンフレットが見当たらないせいだ。
紙のパンフレットを減らすことは見栄えだけでなく、地球環境にもやさしい。私の中で、このホテルのポイントがまたひとつ上がった。

プログラムメニューの中に、館内で新しくオープンしたレストランを見つけた。オーガニック野菜にこだわったお店らしい。メニューを見ながら、さっそくレストランに連絡して明日のランチを予約する。

シャワーを浴びた後、電話でバスタオルの追加を頼むと、待つことなくドアがノックされた。その対応の早さには、驚くばかりだ。

イメージ写真

ディナーのため、地下のフレンチレストランに向かう途中、大きなディスプレイの前を通ると、突然映像が変わった。画面には海洋深層水を使用したタラソテラピー施設が紹介されている。この年齢になると、リラクゼーションはかなり気になるキーワード。チェックアウト前にでも、ちょっと体験してみようかな。

このホテルで私がいちばん気に入ったのが、チェックアウトのシステムだ。フロントまで足を運ぶことなく、部屋にいながら電話機のパネルをタッチするだけで、チェックアウトが完了。これなら朝方の混み合うフロントで時間を気にしながら、イライラすることもない。

『次に来る時も、このホテルで決まり!』と、私は心の中で、そうつぶやいた。