[社外発表] NEC・三井住友銀行、共同出資会社を通じた FinTechサービスの提供開始について

~スマートフォンによる、新たなコンビニ収納サービス~ (2016/9/1)

NECと三井住友フィナンシャルグループ(以下SMFG)、三井住友銀行(以下SMBC)は、NECとSMBCの共同出資により設立した「株式会社ブリースコーポレーション」(以下brees)を通じて、FinTechサービスとしてスマートフォンを使った新たなコンビニ収納サービスを2017年2月から3月を目途に提供開始することを発表しました。2016/8/31(水)に行った記者会見の資料を以下に掲載しますのでご覧ください。

【プレスリリース】

【関連情報】

記者会見で冒頭説明を行うNEC 西村執行役員常務

新サービスについて説明するbrees 佐藤社長

(左から)SMBC 太田取締役専務(SMFG取締役)、brees 佐藤社長、NEC 西村執行役員常務

記者会見プレゼン資料

プレゼン資料 (PDF:1.47MB)

主要プレゼンスライド (brees 佐藤社長のプレゼンより)

breesについて

ブリースコーポレーション(brees)は、2014年12月に設立されました。設立からこれまで、われわれのサービスが社会にどのようにお役にたてるのかを密に検証してきましたが、ここにきて、事業化のめどが立ちつつあるということで、本日、会見開催の運びとなりました。

NECの高い技術力とSMBCの高度な金融ノウハウ・顧客基盤を最大限活用し、FinTechの第一弾のサービスとして今後展開してまいります。

コンビニ収納とは?

「現金支払い」のひとつの決済手段に「コンビニ収納」と呼ばれるものがあります。われわれは、この「コンビニ収納」に着眼し、いろいろと調べてきました。

インターネットショッピングや、電気・ガスなどの公共サービスを提供する「請求事業者」は「払込票」という紙の帳票を発行し、利用者に郵送します。利用者は、この払込票をコンビニエンスストアに持っていき、POSレジのスキャナで払込票に印刷されたバーコードを読み取ってもらい、現金を支払うわけです。

アプリで管理するコンビニ支払いの新しいかたち

これまでのコンビニ支払い(コンビニ収納)では、利用者は、紙を忘れたり、無くしてしまうことがありました。

また、利用者に請求を行う請求事業者は、払込票の印刷や郵送のコストがかかっており、コンビニでは、紙の控えの管理などが負担になっていました。

そこで、私たちbreesは、紙(払込票)をなくし、スマホのアプリにバーコードを表示させるしくみを考え出しました。

利用者のメリット

利用者は24時間365日、スマホと現金さえ持っていれば、いつでもコンビニで支払いができます。アプリで期日管理もできるので、払い忘れも防止できます。

払込票を複数枚同時にコンビニに持っていったがために、後ろに行列ができてしまい、当人は気を遣うし、後ろに並んでいる人はイライラする・・・といった事態も回避できるのです。

請求事業者、コンビニエンスストアのメリット

請求事業者は、印刷代や、郵送代を削減できます。さらに、リアルタイムでスマホのアプリに請求データが送られるため、時間短縮、回収率アップにつながります。

コンビニにおいても、店舗の業務が効率化され、事務の軽減化につながります。
つまり、3社にとってメリットがあるというわけです。

サービスの流れ

サービスの流れをご説明します。
利用者が、サービスあるいは商品を購入すると、請求事業者から私たちbreesに請求情報が連携されます。その請求情報をもとに、breesではバーコードを生成し、そのバーコードを利用者のスマホアプリに配信します。

その後、利用者はスマホをコンビニに持ち込み、アプリ上に表示されるバーコードをレジで読み取ってもらい、今までどおり現金で支払うという流れです。

支払い済み情報は、コンビニからbreesに連携されます。breesは、その情報を請求事業者に連絡すると共に、利用者に対しては、支払い済み情報をリアルタイムでスマホアプリに配信します。

なお、スライドには書かれていませんが、請求事業者、brees、利用者の間には、決済代行会社が入ります。お金の流れが、一部、決済代行会社を経由することをご理解ください。

ロードマップ

サービス提供開始時期は、来年2017年の春を予定しており、その3年後の2020年には、年間総取扱高2兆円を目指します。おそらく市場は右肩上がりで伸びていくため、年間総取扱高は、2.5兆円から3兆円位まで届くかもしれません。

今後も、breesのノウハウ、NECの技術力、SMBCのノウハウを活かし、新たなFintechのサービスを企画してまいります。

デモの様子、サービスイメージ

会見会場でのデモの様子

スマホ画面(イメージ)

バーコードをピッ!で手続き完了