NEC、AI時代に向けたExpress5800サーバ製品群を強化 (2017/7/25)

NECは「AI時代に向けたExpress5800サーバ製品群の強化」に関する広報発表を行いました。7/25(火)に行った記者会見の資料を以下に掲載しますのでご覧ください。

記者からの質問に答える
NEC 執行役員・西村 知泰

今回の発表についてプレゼンする
NEC ITプラットフォーム事業部
事業部長代理・馬渕 淳

展示デモの様子

発表概要

労働力人口減少対策におけるAI活用例

今後の日本においては、15歳から64歳の労働人口が大きく減少していくことが予想されています。サービス業や運輸業などでの慢性的な人手不足や、製造業などでの熟練技術者の引退に伴う後継者不足などにより、今後の企業活動に深刻な影響が出始めています。
このような労働人口減少の問題に対し、AI技術を活用し、業務を効率化することや自動化することで、これら課題を解決する事例が増えてきています。

AI時代に向けた新製品・サービスのご紹介

NECでは、さまざまな知見・ノウハウを元に、業務効率化/自動化を推進することで現場の課題を解決すべく、AI時代に求められる、熟練工の技術を実現する機械学習ソフトウェア、情報システム部門の業務を効率化する運用支援サービス、そして、それらの基盤となるExpressサーバの新製品を提供します。

(1)NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習

まず、RAPID機械学習を、画像の高速処理が可能なGPU対応することで、学習・予測処理スピードの10倍高速化を実現しました。製造業の工場ラインへ適用いただくことで、生産現場が抱える熟練工不足・品質改善などの問題を解決します。

(2)NeoFace Accelerator Platform

また、世界一の顔認証AIエンジン「NeoFace」の顔検出速度を最大20倍高速化する、専用アクセラレータを組み込んだサーバも今後提供予定です。高精度な顔認証製品の提供により、迷子対策やセキュリティ強化が必要な群衆環境において、監視員や警備員などの人的要員の最適化が可能となります。

(3)サーバ自律運用支援サービス

今回提供を開始する新しいExpress5800サーバから、定期的にログを収集・解析することで、サーバ運用を支援するサービスを提供します。導入機器の稼働状況の見える化を実現する「サーバ診断カルテ」の提供をはじめるとともに、今後、AI技術を活用した故障予兆情報なども提供していきます。

(4)Express5800シリーズ 新製品

そして、最新のインテルプロセッサを採用した2WAYサーバとして「仮想化サーバ統合向けに加えて、AI向けにGPU搭載も可能としたモジュラーサーバ2タイプ」と「AI向けやハイパーコンバージド環境など、あらゆる環境で高パフォーマンスを実現するラックサーバ2モデル」を製品化し、提供いたします。

本日のまとめ

NECはAI技術における強みを活かし、労働力減少などに伴う企業の課題解決を支援するICTプラットフォームを強化し続け、今後も提供してまいります。