製造・物流・流通・サービス

「造る・運ぶ・売る」を連携して
バリューチェーン全体に新たな価値を

多様化が進む消費者ニーズと急速に変化する市場環境。
NECは、「造る・運ぶ・売る」のバリューチェーン全体の改革を通じて、豊かな暮らしを実現する「バリューチェーン・イノベーション」に取り組んでいます。


IoTやAIを活用したICTで、人・モノ・プロセスをつなぐ
バリューチェーン・イノベーションの実現へ

製造・物流・流通・サービスを連携して、バリューチェーン全体を改革

生産のグローバル化や労働人口の不足、消費者ニーズの多様化など、製造・物流・流通・サービス業を取り巻く環境は、大きく変化しています。こうした変化に対応するには、生産プロセス改革や物流サービスの向上、顧客ニーズに即応した迅速な商品提供といった、それぞれの企業や業界の改革とともに、「造る・運ぶ・売る」のバリューチェーン全体を俯瞰して新たな価値を生み出すことが必要です。バリューチェーンの変革や再構築の取り組みでは、AI(人工知能)やIoTなどの先進のICTが大きな役割を果たします。バリューチェーン全体にわたる、人・モノ・プロセスの連携で重要なのは、ICTを活用して「効率よくつなぐ」こと、そしてIoTなどによって生じるセキュリティリスクを抑えて「安全につなぐ」ことです。

  • IoT:Internet of Things

■ 生産プロセスの見える化や設備の予防保守で、「造る」を革新

製造分野では、生産プロセス間の無駄の解消やスマートファクトリーへ向けた取り組みが注目されています。NECは、製品個体を識別するAI技術「物体指紋認証」やIoTを使って生産現場から上がってくる情報をタイムリーに役立てる「ものづくり見える化ソリューション」を提供しています。これにより、グローバルな生産・稼働状況、製品品質、人やモノの動きなどを一元的に見える化し、生産性向上を支援します。さらにNECは、IoTを活用した「つながる工場」や「つながる製品」の実現、世界トップレベルのAI技術を使って生産機器や設備の予防保守によって、生産プロセスの革新と製造システムの安定稼働に貢献します。

■ 物流システムの可視化や輸送の効率化で、「運ぶ」を革新

生産のグローバル化に伴い、物流のグローバル化も進んでいます。特にリードタイムが長い輸送の場合、正確に輸送状況が把握できないと過剰生産や過剰在庫につながります。NECは、IoTによる陸路や海路における輸送状況や荷物の所在の可視化のほか、画像認識技術による出荷検品で物流現場の業務効率化を図るなど、物流サービス全体の品質向上をサポートします。さらに、AIを活用したお客さまの需要予測や荷量予測をもとに、人や車をより適切に配備して無駄をなくすラストワンマイルに向けた取り組みも行っています。

■ 止めない店舗や高精度な需要予測で、「売る」を革新

パーソナライズ化するニーズやオムニチャネル化への対応など、流通業は今、大きな変革期を迎えています。NECは、POSシステムやサーバ、什器や設備をIoTでつないで、店舗全体をネットワーク化。店舗システムの稼働状況の把握や故障が起こる前の異常検知などにより、24時間365日「止めない店舗」を実現することで、店舗の安定運営を支援します。また、天候や温度、イベント情報など、収集したビッグデータをもとに、NEC独自のAI技術による高精度な需要予測で、最適な商品発注や食料の廃棄ロス削減を実現します。

「造る・運ぶ・売る」をつないで、効率的で安全・安心なバリューチェーンを実現

NECには、製造・物流・流通・サービス分野における日本の先進企業向けのシステム構築で培った豊富な業種・業務ノウハウ、最先端のAIやIoT、そしてクラウド、ネットワーク、セキュリティ技術と、それらの新しい技術を実用化するSI力など、「バリューチェーン・イノベーション」の実現を支える総合力があります。「造る・運ぶ・売る」のバリューチェーン全体にわたり、人やモノ、プロセスを効率よく「つなぐ」ことで、NECはプロセスの無駄の解消、変化に対応した持続的な変革、従来の枠組みを超えた成長などの価値を提供します。
NECは、お客さまとの共創による画期的な新製品開発、IoT活用による「つながる製品」で実現した新たな顧客価値の創造、グローバルに貢献している物流インフラの可視化、最適な商品発注や止めない店舗運営など、「バリューチェーン・イノベーション」のパートナーとして、さまざまな価値創造を進めています。

Value Chain Innovation

続きを読む

新着記事

リテールテックJAPAN2017レポート
AI・IoTで創造する、新たな顧客体験と持続的な店舗運営の実現
NEW

2016年3月7日(火)~10日(金)に東京ビッグサイトで開催された「リテールテックJAPAN2017」の様子をご紹介します。

この記事を読む

工場の「無線IoT化」が日本の製造業を飛躍させる
──製造現場における無線実証実験プロジェクト

実証実験によって工場の「無線IoT化」を実現し、製造業のパフォーマンスを上げることを目指すプロジェクトが、現在進んでいます。

この記事を読む

物流インフラの高度化で、インドの経済発展に貢献

NECは、物流可視化サービス事業を2016年7月より始動しました。
「DMICロジスティクス データ サービス」の代表取締役CEOピユシュ・シンハ氏が、インドの社会インフラ問題解決に向けたNECとの連携について語ります。

この記事を読む

プレスリリース