Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

利用イメージ

地理空間インテリジェンスシステムは、様々な地理空間情報と衛星・航空機センサで広範囲に取得した現地情報により、仮想空間(Virtual World)を構成することが可能です。
この仮想空間では「空間の壁/時間の壁」を超えての情報共有が容易なため、情報収集の効率化や意思決定の迅速化を図ることができます。
さらにデータフュージョン、データマイニング、ビックデータなどを活用することで新たな知見を獲得することが期待できます。

 

適用範囲

公共インフラ計画・管理

道路、河川、橋梁、鉄道からガス、電話といった社会生活基盤や社会経済産業基盤等について、地域の経年変化や深刻化しているインフラ老朽化状況等を把握することで、公共インフラの計画立案、管理等に有効に活用することができます。

防災、災害、復旧・復興対応

災害は平時からの備え、災害発生直後の迅速な状況把握・初動対応、災害後の早期復旧・復興に向けた計画立案/執行などの対応が必要不可欠です。
平時の状況モニタリングによる防災計画や、災害時の迅速な情報収集による初動対応の決定、災害後のモニタリングにおける復旧・復興対応等に有効に活用することができます。

農業管理

農地・農業用水等の農業資源の確保や状況把握を行うことは、国内生産の増大や不測時の食料安定供給、食料自給率の向上につながります。
農作物の正確な収穫予測や農地計画のための土地被覆分析等、国内外の農業管理に有効に活用することができます。

海洋監視

日本の領海ならびに排他的経済水域、さらにはシーレーンに対する継続的な海洋の観測・監視等による情報を、島嶼防衛、海賊対策、海底/海洋資源の確保、海運業、水産業等において有効に活用することができます。