Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

非冷却赤外線モジュール HX0830M1

特徴

HX0830M1

物体の温度差を検知し夜間侵入者監視/常温度検知に最適な組込モジュールです。

  • 小型軽量「手のひらサイズ」ながら圧倒的な高画質を実現
  • 国内生産による安定供給と安心技術サポート
  • モジュール形式で、機器への組み込みが容易
  • 小型、軽量
    約38×38×65mm (突起物除く)/約150g
    (レンズは含まれておりません)
  • 高性能
    狭ピッチ非冷却センサ(HX0830)を搭載
  • 高機能
    画質自動調整、擬似カラー、電子ズーム、シンボル重畳等

仕様

使用センサ 非冷却型マイクロボロメーター (HX0830搭載)
検出波長帯 8~14μm
画素数 320 x 240画素(HxV)
NETD (温度分解能) <75mK (L レンジ、F/1、60Hz)
熱時定数 16msec. typ.
ダイナミックレンジ L range: 上限 150℃
H range: 0 ~ 540℃
フレームレート 30Hz(NTSC)/25Hz(PAL)
映像出力 NTSC/PAL
デジタル出力 16 bit RAW data / ITU-R.BT656 Video data
インターフェース RS-232C
機能 コントラスト調整 : Auto / Manual
輝度調整 : Auto / Manual
白黒反転 : White-hot / Black-hot
デジタルズーム : x2 、x4
FPN補正 (NUC) : Auto or Manual
レンジ切替 (L/H/Auto)
擬似カラー
ビデオ形式選択
コンフィグレーション保存
リモート設定
電源 5~15VDC
消費電力 5W以下(25℃)
動作温度範囲 -30℃ ~ 60℃
外観寸法 38(W)×38(H)×65(D) mm (シャッター内蔵)
重量 150g (レンズ含まず)
備考 標準レンズ2種添付可能
焦点距離  8mmレンズ
16mmレンズ
検知器外観寸法 (単位:mm)
検知器写真

備考

  • Webおよびカタログ記載の性能は社内テストに基づいたものです。
  • Webおよびカタログ記載の情報(性能、仕様、外観、寸法等)は改良のため予告なしに変更されることがあります。したがって掲載情報をお客様の機器に適用される場合には、お客様の責任において判断してください。これらの掲載情報の使用に起因するお客様もしくは第三者の損害に対して、弊社は一切その責を負いません。
  • このWebカタログで使用している商品は、本Webカタログおよび広告用に撮影したものです。そのため、実際の商品とはデザイン、外観、色などが多少異なることがあります。
  • 商品写真の大きさは同比率ではありません。

映像サンプル

製品カタログ

PDF 形式のファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社より無償で配布されている Adobe® Reader™ が必要です。Adobe® Reader™ をお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

Get Adobe Reader

Adobe、Adobeロゴ、Adobe Reader は、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

製品のお取り引きにあたってのお願い事項

輸出入規制対象品目

非冷却赤外線センサは「光検知器」として、輸出貿易管理令別表第1 10の項(2)に、センサモジュールは「赤外線カメラ」の部分品として同10の項(4)に、それぞれ該当する輸出規制対象品です。これらを使用して製造されるカメラは、同10の項(4)に基づき「赤外線カメラ」として規制対象品に該当する可能性があります。
赤外線カメラの輸出にあたっては、日本国の法令・規定を遵守し、貴社の責において最終需要者・用途をご確認の上、必要な許可等を取得してください。
本製品の適用は、原則として民生用途向けに設計される赤外線カメラに限定させていただきます。軍事向け等、民生以外の用途へのご使用については、別途ご相談ください。また、Honeywell社とのライセンス契約の関係上、下記の用途にはご使用いただけませんので、宜しくお願いいたします。

a. センサ起爆の爆発装置
b. 赤外線放射を検知するシステムの評価専用の装置

弊社としても、弊社製品が最終的に軍事用途等に用いられていないか確認する必要が生じる場合がございます。その際には貴社における最終需要者・用途の確認状況をチェックさせていただく場合も考えられますので、ご承知おきください。
弊社の赤外線製品の販売は、貴社でカメラ等として製品化されることを前提としています。弊社製品をそのまま転売されることについては、事前に弊社にご相談ください。
上記2~4のお願い事項は、弊社製品を組み込んだ貴社製品を販売される客先にも適用させていただきたく、周知徹底のほどお願いいたします。

お問い合わせ