ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. GdFrame
  4. 機能一覧
ここから本文です。

機能一覧 ”GdFrame”

General Data Framework

機能

GdFrameには、業務アプリケーションの開発において、汎用的に活用できる各種部品群が準備されています。業務アプリケーションの標準化、効率化が実現できます。

システム構成

ハードウェア構成

GdFrameは、3層構造にて構成されています。

プレゼンテーション層(クライアント/他システム)

クライアントは、WebブラウザとAccessが活用できます。業務ユーザが自らデータを抽出、加工して、経営数値を取り出したり、業務分析を行ったりするための環境を準備しています。

アプリケーションサーバ層

Webアプリケーション、クライアントとデータベースとのアクセス制御、バッチ処理の制御、他システムとのリンク制御などを行っております。Microsoft .NET Frameworkにより構築されております。

データベース層

データベース、および、デマンド/サプライの定義データなどが格納されています。

ハードウェアの構成例※上図は構成例です。アプリケーションサーバとデータベースサーバは1台構成も可能です。

製品構成

GdFrameの製品構成は以下のとおりです。

GdFrame/DB

GdFrame動作のためのDBサーバ基本機能(必須)

GdFrame/AP

GdFrame動作のためのAPサーバ基本機能(必須)

GdFrame/GdForm

Excelで画面作成する機能(必須)

GdFrame/Development

業務アプリケーション開発キット(開発時必須)

各製品概要

GdFrame/DB、 GdFrame/AP製品概要

GdFrameを動作させるための基本機能として、以下に示す機能を用意しています。

デマンド・サプライ登録機能

GdFrameの基本機能として、デマンド/サプライ/プランの統一化されたデータベースにデータ編集処理を行います。データ内容の種類に関わらず、すべてのデータはデマンド/サプライ/プランに対してデータ編集となるため、これらの処理については共通インタフェース部品として共有化しています。

  • デマンド編集
  • サプライ編集
  • プラン編集

なお、このデマンド/サプライ/プラン編集処理に関しては、プロパティ/マスタ編集とは異なり、以下の機能を兼ね備えています。

データフロー制御

GdFrameが保有するマスタ上に、データの流れ(業務プロセス)や制御データを登録することにより、登録内容に沿ったデータのチェックや、流れの中での更新/削除の制御など、GdFrameに登録されるデマンド/サプライ/プランに対するフローを制御する機能(基本設定部)です。

オプション処理制御

デマンド/サプライ/プランのデータ編集処理を行ったタイミングで、その編集処理要求データを基に他データ編集(例えば、他システムリンケージデータ生成、在庫管理データの更新などのストアドプロシージャ(以後、SPと記述)の実行)を行う機能です。事前に、データ種類毎に実行パターンをオプション処理マスタに定義しておくことにより(固定パターンで)起動可能となります。

データ登録機能

上記デマンド/サプライ/プラン以外の以下のテーブルについてもデータを格納する基本処理機能があります。

  • プロパティ/マスタ (デマンド/サプライ/プランを補足する情報)
  • 個別仕様に応じたリンケージ情報格納やデータウェアハウス的情報格納領域など

これらに対するデータ編集処理も個別に設計/作成することなく

  • プロパティ編集
  • マスタ編集
  • リンケージデータ編集
  • データウェアハウス的データ編集

などの処理を用意することにより、データ編集に関する共通インタフェース部品として共有化しています。なお、これらのテーブルはデマンド/サプライ/プランとは異なり、固有条件でのテーブル設計が可能であるため、デマンド/サプライ/プラン編集処理時のデータフロー制御やオプション処理のようなデータ内容に基づくパターン定義による機能の実行は不可となっています。(編集対象テーブルが不特定のため。)ただし、デマンド/サプライ/プラン編集処理時のオプション処理のようにプロパティなどの編集処理時にSPを起動させたい場合は、デマンド/サプライ/プラン編集時のオプション処理のようにデータパターンに基づく起動方法ではなく、アプリケーション側からの起動パターン指定による実行を可能とする機能を用意しています。

データ検索機能

GdFrameのデータベースに格納されている情報を検索する処理です。対象とするテーブル、テーブル間従属関係、出力項目、抽出条件などを自由に設定でき、各種検索に汎用的に利用可能です。

構成データ展開機能

GdFrameに登録している構成用途情報に基づき、構成展開(正展開/逆展開)を行う機能です。

ユーザ権限制御

GdFrameを使用可能とするユーザ管理およびアプリケーションの使用可否や処理実行可否の権限管理を行う機能です。

その他

以下の機能などについても用意しています。

  • 移動時間制御機能

GdFrame全体としての稼動時間制御およびアプリケーションや処理内容単位の稼働可否制御機能です。

  • 実行ログ管理機能

GdFrameにアクセスしたログを保存し、検索可能な機能です。

  • アプリケーションホスティング

作成したMicrosoft Accessアプリケーション、Webアプリケーションなどのアプリケーションサーバへのホスティング機能です。

  • ログイン/メニュー

  • 在庫更新

在庫管理業務に関連したデマンド/サプライテーブルへのデータ編集処理実行をトリガとして、GdFrame汎用在庫管理情報(プロパティ)を編集可能な機能です。

  • 採番機能

管理キーなどの採番体系を指定してユニーク番号を採番する機能です。

  • 照合機能

指定したデータ文字列に対して、照合条件(マスタに登録)との照合を行う機能です。

  • メール機能

Microsoft Accessアプリケーションよりメール送信可能な機能です。

  • TSV(Tab Separated Values)形式でのファイル出力機能

通常の検索処理では、処理結果を返すまでを1つの処理の流れとしているが、検索処理のみを実行しておき、後から処理結果を出力させることを可能にしたもので、検索処理をサーバ上のログフォルダ内に処理結果を保持しておくまで(処理結果は返さない:非同期処理)とする機能、および、ログフォルダより結果ファイルを出力させる機能です。

  • メニュー設定ツール(ログイン後にメニューへ表示するアプリケーションの設定)

メニュー設定ツール

GdFrame/GdForm 製品概要

画面タイトル、ボタン、表示や入力する項目などをExcelで定義できる機能です。

 

GdFrame/Development 製品概要

GdFrameへの固有設計によるオブジェクト作成や、Microsoft Accessを使用した業務アプリケーション開発用のキットを用意しています。なお、Microsoft Access業務アプリケーション作成については、各種処理実行部分(プログラム)を部品化したものが組み込み済であるベースアプリケーションに対し、処理画面と処理実行部分の呼び出しをコーディングする形となります。また、Webアプリケーションを作成する場合においても、Microsoft Accessにてアプリケーションの作成は行わないが、データ編集処理定義を作成することが必要となります。(Webアプリケーション作成の準備として必要。)

  • アプリケーション設計ツール(GdFrameアプリケーション作成支援)

アプリケーション設計ツール

  • アプリケーション開発ツール
(Microsoft Visual StudioでのGdFrameアプリケーション作成支援)

アプリケーション開発ツール

より詳しい情報は、カタログに記載されています。

資料/カタログダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

ページの先頭へ戻る