ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. フォント
  4. アウトラインフォント+フォントエンジン
  5. 仕様
ここから本文です。

アウトラインフォント+フォントエンジン - 仕様

アウトラインフォント+フォントエンジン「FontAvenue:OLF」の対応言語

言語 規格
日本語 JIS X 0201:1990、JIS X 0208:1997、JIS X 0213:2004
ARIB STB-B24 5.4版、ARIB STB-B3 1.2版
欧文 ISO/IEC 8859-1,2,3,4,5,7,9,10,13,14,15,16
ISO/IEC 10646-1
CEA-708-C(EIA-708B)
中国語(簡体字・繁体字) GB 18030-2000、GB 2312-80
中国語(繁体字) Big5
韓国語 KS X 1001:1998、KS X 1003:1992
ベトナム語 ISO/IEC 10646-1
アラビア語 ISO/IEC 10646-1
タイ語 ISO/IEC 10646-1
ヒンディー語 ISO/IEC 10646-1

アウトラインフォント+フォントエンジン「FontAvenue:OLF」の主な仕様

項目 機能
出力文字サイズ 2dot~256dot
容量 Windows用TrueTypeの1/3程度
修飾 縁取り、影付、斜体、回転、ウェイト調整、アンダーライン
階調 2/4/16/256階調
エンコーディング UTF-16(サロゲートペア除く)、ISO 8859-1,2,5,6,7,9,15、JIS、シフトJIS、JIS拡張、CEA-708
視認性向上 独自補正アルゴリズム

アウトラインフォント+フォントエンジン「FontAvenue:OLF」の対応OS/CPU

OS Linux、VxWorks、ITRON、Windows、Windows Embedded CE、psos、etc.
CPU MIPS、ARM、PowerPC、SH、etc.

Windows Embedded CE 6.0R2対応

Windows Embedded CE 6.0R2以降に機能追加された「Pluggable Fonts」に対応しています。

Pluggable Fontsとは

Windows Embedded CE 6.0R2以降で追加された機能で、サードパーティー製の外部フォントエンジン及びフォントデータを組み込む機能のことです。

Pluggable Fonts導入のメリット

品質 小さい文字を階調表現し、かつ独自アルゴリズムによるヒンティング処理により、滑らかですっきりしたフォントを表現
容量 標準のTrueTypeフォントに比べ、大幅な容量削減を実現
上位互換性 TrueTypeと同じ「論理フォント」に見えるため、アプリケーションの改造は一切不要

ページの先頭へ戻る