ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. フォント
  4. 外国語フォント
  5. 特長/機能
  6. アラビア語
ここから本文です。

アラビア語フォント

アラビア語はアラビア半島やその周辺のアラブ諸国の公用語です。

形態的特徴として、位置による字形変化、双方向処理および複数の文字を結合する合字(リガチャ)があり、日本語のような1文字単位の処理では対応できません。

アラビア語の特徴

アラブ諸国の共通語である正則アラビア語をご提供します。

単語単位での文字イメージ取得インタフェースをご提供します。上位APで字形変化を意識することなく、文字イメージ取得が可能になります。

字形変化に対応

単語が使われる位置によって、字形を適切に変化させます。

字形変化

独立形:右左に文字がない場合の字形
語頭形:単語の最初に来る場合の字形
語末形:単語の最後に来る場合の字形
語中形:単語の中にあり、前後に別文字が来ている場合の字形

双方向に対応

アラビア語は通常右から左に向かって書きます。数字は英語や日本語と同じく左から右に向かって書きます。
この双方向に1つの文書の中で対応します。

双方向

合字(リガチャ)に対応

複数の文字が組み合わせることで形が変わる「合字(リガチャ)」に対応しています。

合字(リガチャ)

アラビア語の対応状況

文字規格 対応製品
TTF OLF GSF BMF
ISO/IEC 10646-1 ○※1

2013年12月現在

  • ※1フォントデータとレイアウトエンジンをセットで提供します

書体サンプル


ページの先頭へ戻る