ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. フォント
  4. JIS2004フォント
  5. 特長/機能
ここから本文です。

JIS2004フォント - 特長/機能

JIS2004での変更点

JIS90からJIS2004への主な変更点は次の2つです。

  1. 扱える文字数が増える
    • 第3水準・第4水準漢字が追加される(3,695文字)

      第3水準・第4水準漢字

    • よく使われる記号類が追加される(659文字)
      • 丸付き数字:白丸1~50、黒丸1~20

        丸付き数字

      • その他:ユーロ記号、丸付きC、丸付きRなど

        ユーロ記号、丸付きC、丸付きR

  2. 文字の字形が変わる
    第1水準・第2水準漢字の字形を変更(167文字)

    字形変更

JIS90環境とJIS2004環境が混在したときの問題点

JIS90環境とJIS2004環境が混在した場合、以下のような問題が生じます。JIS2004フォントを組み込むことでこれらの問題を解決できます。

シーン1:文字を表示できない

JIS2004環境で登録した文字の一部はJIS90環境で表示することができません。

文字を表示できない

シーン2:文字の字形が変わってしまう

一部の文字はJIS90環境とJIS2004環境で字形が変更されます。
特に人名を扱うシーンでは注意が必要です。

文字の字形が変わってしまう

JIS2004フォントの対応状況

文字規格 対応製品
TTF OLF GSF BMF
JIS2004(JIS X 0213:2004) -※1

2013年12月現在

  • ※1開発中です

ページの先頭へ戻る