ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ソフトウェア
  4. 生産管理システム: FlexProcess
  5. 製品仕様
  6. 機能概要
  7. 生産計画
ここから本文です。

生産計画

「FlexProcess」の生産計画は、設備能力計算(CRP:Capacity Resource Planning)を行いながら、資材所要量計算(MRP:Material Requirements Planning)を実行します。これにより、製造コストの削減、経済的な発注、設備稼働率の向上、リードタイムの短縮など、効果的な生産資源の配分、顧客サービスの向上をもたらす生産計画立案を支援します。

計画立案業務の効率化

計画立案は、販売予測や顧客からの注文オーダに基づく需要情報を用いて、設備能力計算を行いながら正味所要量計算を行ないます。結果として、資源の調達方法に基づき、製造指図オーダ、または購買要求オーダを立案します。オーダの立案に際しては、ロットまとめ機能を使いきめ細かなロットサイズでの立案や、所要の期間まとめで納期を最早ポイントにするなど、効率の良い計画立案業務を支援します。

段階的な計画立案

計画立案の処理、及び計画の調整業務は、任意の計画レベル毎に段階的に実行できます。例えば、原料手配~中間品生産~包装・出荷といった一連の生産活動の計画立案において、製品、中間品、原料の各々の計画レベル毎に、在庫の正味所要量計算と設備負荷調整を段階的に実行する事により、計画立案作業の無駄な後戻りを解消する事ができます。

需給タイミングの確認

工場内の在庫、仕掛かり削減では、需要情報と供給情報のバランスをタイムリーに把握、調整する事が重要となります。特に、リードタイム短縮や顧客別の生産対応を迫られている環境では、適正な計画立案は、必要不可欠な業務となるでしょう。需要と供給のタイミングについて、原料受入から製品出荷までの在庫予定、生産予定を確認することができます。
例えば、原料受入の遅れや製造進捗の遅れが、製品出荷に及ぼす影響を確認したり、注文仕様の変更や出荷予定の変更が、工程の製造指示や原材料の発注に及ぼす影響範囲を確認する事ができます。

ページの先頭へ戻る