ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ソフトウェア
  4. 生産管理システム: FlexProcess
  5. 製品仕様
  6. 機能概要
  7. 原価管理
ここから本文です。

原価管理

原価企画からはじまるコスト管理の効率化を図るための機能をご提供します。
標準単価/数量や実際単価/数量を使った品目別原価積み上げ、活動基準原価計算(ABC)といった手法によって、コストの実態を、多様な視点(製品、製品群、生産ラインなど)から分析することができます。

経費・間接費を含む原価管理

「FlexProcess」原価積上では、品目別原価要素別の積上げ計算を行います。
従来ひとまとめに間接費や固定費として扱われていた原価要素の中から、主要なものについて生産活動に直接賦課する手段を提供します。これにより、製品毎および製品ライン毎の収益度をより明確に把握することができ、適正なデータに基づく意思決定が可能となります。

原価管理対象の拡充

製品別の収益性をより適正に把握するために「生産モデル」の構造に則り、再生原料、廃棄物、副産品、連産品を含む、実態に即した原価の把握が可能です。

配賦処理

生産活動に関わる間接費や固定費を、ある期間に発生した活動実績に基づき資源の原価要素に配賦することができます。このとき、生産数量、労働力、ライン稼動実績などを基準(配賦ドライバ)にして配賦可能であり、実際の業務プロセスの視点からの原価の積上げ計算、分析ができます。

原価積上げシミュレーション

任意の単価、収率、ライン(効率)について、原価積上げのシミュレーションを行うことができます。

図:原価積上げシミュレーション

シミュレーションシナリオ例

  • 原料価格の変動の影響を知りたい
  • 新しいレシピでの製品原価を捉えたい
  • 新しい設備の導入効果を見たい
  • 次期予算の原料調達費用を算定したい
  • 次期の設備操業度を算定したい

ページの先頭へ戻る