ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ソフトウェア
  4. 生産管理システム: FlexProcess
  5. イベント・セミナー
  6. 激変するビジネス環境に対応できるシステム
ここから本文です。

激変するビジネス環境に対応できるシステム

海外生産シフト成功のためのポイント

グローバル化に対応した、海外生産シフトを成功させるには次の3つのステップがあります。

  1. 受注の確保と売上の維持
  2. 現地生産による原価低減
  3. 品質管理レベルの維持

受注の確保と売上の維持

取引先からの海外進出の要請を断ることは、失注に直結します。

第一目標は、現状以上の受注を中期的(1~3年程度)に確保することです。
一時的に収益がマイナスになったとしても、受注を維持するために一時的な赤字は不可避です。

現地生産による原価低減

現地生産による原価低減を実現するためには、国内並みにレベルの高い生産管理と、安価で安定した原材料の調達が必要となります。

求められる生産管理

国内の熟練した技術者を海外工場へ送って現地採用の技術者を早期に育成することはもちろん、現地採用の技術者の知識やスキルを客観的に評価することが必要です。

そのために、操業管理システムと連動して、操業度のきめ細かいデータ収集がポイントとなります。

きめ細かいデータ収集

求められる調達管理

海外現地の購買担当者や同業者などと協力して、常に最良の調達を追及する必要があります。

また、属人的な管理ではなく、日々刻々と変化する調達情報を管理、共有する購買管理システムが必要です。

品質管理レベルの維持

国内で実施しているレベルの高い品質管理体制を、海外でも実施する必要があります。
国内外で標準化されたプロセス、同じ仕組み・システムを使った管理が必要です。

ページの先頭へ戻る