eセミナー 業績が伸び悩んでいませんか?強い企業づくりは、現状業務の棚卸しから。

この章の読みどころ 現状業務の棚卸しで、改善方法が明確に!

業務の棚卸しを実施すると、経営者だけでなく、現場スタッフにも新たな気づきが生まれ、改善の方向性が明らかになります。

強い企業づくりに役立つ資料をご用意しています。詳しくはこちらから

3章

理想と現実のギャップを埋める業務の棚卸し

現実の業務のやり方を、理想的な姿に近づけるための第一歩。それが、業務の棚卸しです。
どこに、「ムリ」「ムダ」「ムラ」「不足」があるか、書類や伝票は統一されているか、定期的に発生する業務は何かなどを徹底的に検討し、克服すべき課題を抽出するのです。
その後、課題解決に向けた施策を検討し、「標準化」「見える化」実現にむけ、具体的な変革のイメージを描いていきます。

可視化の観点では・・・
イラスト:○○化粧品 Aさん
  • ブラックボックスの業務が業務整理によりフロー化され、はじめて理解できました。
  • 新たな問題を発見したり、あいまいな部分が明確になり、どこに、どのような対策を打つべきか理解できました。
  • 業務課題の分析中に、将来リスクに気づきました。
 
現場の観点では・・・
イラスト:××食品 Bさん
  • 現場スタッフが、自分の問題点を認識し、より責任感を持って仕事をやるようになりました。
  • 現場スタッフにとって、自分の業務を見つめなおすいい機会であり、システム業務とのセット理解は、ひじょうに勉強になりました。
 
標準化の観点では・・・
イラスト:△△薬品 Cさん
  • 業務整理により責任分担が明確になり、作成された標準化フローは、今後の業務改善や標準化に活用できます。
  • 運用で悩んでいましたが、他社ノウハウの勉強や業務整理を通して、業務改善方法が明確になりました。
 

さっそく棚卸しをしたいけど、ヒアリングや分析にはノウハウが必要だよね?

強い企業づくりに役立つ資料をご用意しています。詳しくはこちらから

NEXT NECが、業務棚卸しソリューションでお手伝いします!