ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ソフトウェア
  4. 生産管理システム: FlexProcess
  5. イベント・セミナー
  6. 生産プロセス改革
ここから本文です。

プロセス産業におけるトヨタ生産方式の適用事例紹介eセミナー(第2回)

2.改革の目標を設定する

KPSの目標は全品種を毎日生産することであり、結果、製品在庫が最小限に抑えられることにある。しかし、当然のことながら、何かの改善なしでは生産コストは跳ね上がる。なぜなら、ある一定以上の生産負荷がある場合、生産コストが最小になることを目指してきたのが、これまでの生産方式であるため、それ以外の作り方をすれば当然生産コストは上がってしまう。

そこで、全品種毎日生産の条件として、生産コストはKPS導入前と同等以下に抑えるという目標を掲げてKPSの構築に着手した。当然困難な課題であるが、常に改善を求めるというKPSの趣旨に沿った以下の3つの目標を設定し、活動を開始した。

  1. 全品種毎日生産の実現
  2. 定時・定量・定員生産の実現
  3. KPS導入前と同等以下の生産コストの実現

改革の目標を設定する

ページの先頭へ戻る