ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ソフトウェア
  4. 生産管理システム: FlexProcess
  5. イベント・セミナー
  6. 『在庫管理』変革eセミナー
ここから本文です。

素材・部品メーカーの在庫削減・在庫適正化に向けたポイントはココにあった…!

~完成品メーカーの視点ではなく、“素材・部品メーカー”の視点でポイントをお伝えします~

第7章:新ABC分析の管理区分例

新ABC分析の管理区分例を以下に示します。

新ABC分析の管理区分例

①数量評価基準の例を以下に示します。

数量評価基準の例

数量評価では、従来のABC分析を基本とし、これにD・E区分を追加する作業を行います。基本的には、E→A→B→D→C区分の順に決定していきます。

②需要変動評価の例を以下に示します。

需要変動評価の例

(1)需要実績値から標準偏差を求め、「標準偏差」÷「各品目の受注平均」で需要の「ばらつき」を求めます。
(2)各品目の「ばらつき」値で需要変動を評価し、分類します。

「ばらつき」が大きいほど不動在庫になるリスクが高く、「ばらつき」が小さいほど不動在庫のリスクが低いということになります。

③取引依存率評価の例を以下に示します。

取引依存率評価の例 width=

過去数ヶ月間の製品別・企業別取引高から、その製品の全取引高に対して占める比率を求め、評価します。取引先が少なければ少ないほど、その取引先の経営状態・商品開発方針などにより需要は大きく振れます。特に価格が折り合わずに急に失注したりすると、不動在庫になる可能性が高くなります。

個別評価基準を作成したら、総合評価基準を作成し、最後に区分別の管理方針を策定します。

総合評価基準を作成し、区分別の管理方針を策定しましょう。

ページの先頭へ戻る