ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

eセミナー

プロセス産業における製造原価管理システム構築と成功要因

7. まとめ

本稿のまとめとなる製造原価管理システム構築手順を下表に要約する。

導入手順 留意点
1 製造原価管理目的の定義と優先付け
  • 原価計算基準の5つの目的
  • 会計基準、法人税法準拠
  • 組織別・階層別マネジメント要求
  • 生産プロセスのKPI
2 目的別原価情報の要求定義を行い、現状とのギャップを明らかにする
3 原価管理に必要な基準情報を整備する
(品目、部品表・レシピ、単位、歩留り、使用/賞味期限、工程、リードタイム、VEの要素、工法、組織、科目、配賦基準など)
生産管理で使用している基準情報を原価管理目的の視点で充足度を見直す
4 上記2に基づいた
原価計算/管理プロセスの構築と情報化
生産管理システムと密連携
製造他勘定振替の要件定義
5 運用プロセス設計と運用性検証 工程管理と一体となった原価管理運用、内部統制組込、実績情報、ロス情報の収集、
部品表/レシピや基準・標準情報のメンテナンス体制

ダウンロード資料ではより詳細に各項目をご紹介しております。ぜひダウンロードいただきご一読ください。

プロセス産業における製造原価管理システム構築と成功要因

より詳細な資料はこちらから

プロセス産業における 製造原価管理システム構築と成功要因
より詳細な資料はこちらから


資料ダウンロード

ページの先頭へ戻る