ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

eセミナー

プロセス産業における製造原価管理システム構築と成功要因

5. 機能別原価管理システム構築のポイント2

加工費・オペレーション活動費用

オペレータの活動内容を原価として可視化する。

1 オペレーション活動費の可視化
2 活動基準原価計算の視点と活用
1)安定稼働管理
①生産計画、②生産手配、③段取り、④設備管理、⑤始動や停止制御
2)安全性維持
①製造環境の整備、②検査、品質管理、③安全管理、④設備不良発生時の対処、⑤環境衛生管理
3)生産性向上
①生産管理、②稼働実績報告、③情報システム運用など

その他製造間接費用

その他製造間接費は製品への配賦が主体にならざるを得ない。

1 その他製造間接費用は配賦による
2 その他製造間接費用の配賦基準選択
①その他製造間接費の部門配賦方法(1次計算)
②その他製造間接費の部門間配賦方法(2次計算)
③その他製造間接費の製品別配賦方法(3次計算)

製造間接費の原価差異

製造間接費も標準原価や予定原価を通じて、発生責任を部門別に明確化することが望ましい。

1 固定費となる製造間接費の原価差異
①操業度差異、②能率差異固定費分
2 変動費となる製造間接費の原価差異
①予算差異、②能率差異変動費分

製造勘定

プロセス産業は、生産指示を立てない連続生産形態や中間品の前工程への再生投入などがあり、製造勘定の受払は生産業態ごとに類型化し設計する必要がある。

1 製造勘定の受払更新は以下の4パターンによる受払計算構造を示す
①月次完成高から総合原価計算、②熟成完了時から遡って原価計算、③仕損品等の再生投入、④製造指示ごとに原価計算

工程別原価計算

グループ生産が拡大しつつあるが連結製造原価計算では、累加法視点で原価の進捗を可視化するとともに、非累加法の視点で生産拠点別に原価要素をドリルダウンできる仕組みを求めたい。

1 累加法か非累加法か
2 累加法計算の課題
3 非累加法による工程別原価計算
4 多数の生産拠点を跨る連結製造原価計算
5 顧客価値原価計算とは

製品別原価配分

本節は一般的な態様で概説する。

1 連産品の原価計算
2 連産品原価計算における数量基準法と売価基準法
3 等級別原価計算
4 副産物の原価評価

標準原価計算と原価差異発生個所

原価差異の責任部署が明確になるような受払構成を設定すべきである。

1 シングルプランとは
2 パーシャルプランとは
3 原価差異は、品目別に配分するか、しないか?
4 原価差異をどこに配分するか?

多拠点に跨る連結製造原価管理

グループ生産が拡大しつつあるが連結製造原価計算実施の要件を移転価格税制への対応も視野に入れて要約する。

1 基盤情報整備
2 連結製造原価計算プロセス
3 関係会社間の連結生産取引の計上ポイント

プロセス産業における製造原価管理システム構築と成功要因

より詳細な資料はこちらから

プロセス産業における 製造原価管理システム構築と成功要因
より詳細な資料はこちらから


資料ダウンロード

ページの先頭へ戻る