ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

eセミナー

プロセス産業における製造原価管理システム構築と成功要因

2. プロセス産業の生産特性と原価管理の課題

本章では、プロセス産業の生産特性をあげ特性に対応する原価管理の課題を提起する。

1 プロセス産業では、安定稼働は、パイプや塔槽部に遮蔽された工程を監視するオペレータの熟練度によるところが大きい。オペレータの活動を活動原価として管理することが望ましい。
2 プロセス産業はエネルギー消費型産業であり、プラントを停止したり、再稼働させる場合には、大きなエネルギーや廃棄物発生などの不経済が発生する。継続的で安定的な操業を計画し維持するかが原価管理の課題となる。
3 プロセス産業では、危険物質が多いので安全維持や環境対策への投資とマネジメントが要求される。
安全維持コスト、環境対策コストなどの可視化が要求される。
4 生産設備が高額であり、設備原価を製造間接費として埋没させると設備の実稼働による生産物への価値貢献と、遊休し貢献しない原価との区分が不透明になる。設備稼働分については直接費化し不稼働分は操業度差異として可視化する。
5 プロセス産業では販売事業セグメントから多品種で需給変動が激しい市場需要に対する最適な生産が求められるので、共有する設備の全体最適な稼働計画が立てにくい。プラントの固定費や共通原価を市場軸による事業セグメントにどうような基準で配分するかが業績管理で重要な課題となる。
6 世代交代が進むオペレータの内外生産拠点における技術伝承と生産性向上を支えることが生産管理の課題である。オペレータの活動別原価の構成と負荷状況を的確に可視化できる仕組みが作ることが求められる。

プロセス産業における製造原価管理システム構築と成功要因

より詳細な資料はこちらから

プロセス産業における 製造原価管理システム構築と成功要因
より詳細な資料はこちらから


資料ダウンロード

ページの先頭へ戻る