ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

経営意思決定に貢献する原価管理のあり方

5. 製品開発と利益創造のための原価管理

利益創造は、生産プロセスの中に埋没している価値創造のための情報を可視化し、具現化することにあります。
 
製造業における価値創造のキーファクターは、製品開発と原価企画にあるといわれます。
そこで原価計算も原価企画の目線で情報を提供するものであることが望まれます。
 
製造業における製品開発とは顧客への新たな価値提供であり、顧客にとっての製品価値は、製品を使用して顧客の製品価値を有効化する効用になります。
 
顧客価値原価においても従来の資源別原価要素は、重要なファクターであることには変わりはありません。
顧客価値を原価として作りこむ要素に、どのような生産資源を投入するかの2次元の視点が必要です。

原価を顧客価値要素と投入資源要素の2次元で捉える

経営意思決定に貢献する原価管理のあり方

より詳細な資料はこちらから

ページの先頭へ戻る