ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

経営意思決定に貢献する原価管理のあり方

4. ロス改善と原価情報の活用

ロスは永久に改善し続けるものと言われます。
今日のように経営環境が変化している時代では、製品事業セグメントやサプライチェーン、製造工程のレベルで新たなリスクやロスが絶えず発生してくるようになります。
 
継続的なサイクルで改善すべきロスは正常な範囲でも、その内容が識別できる区分で原価計上をすべきです。

ロス収集要素と要因可視化

ロス収集要素と要因可視化

ロスは、数量や工数に単価を掛けて、原価差異として金額で表示することができます。
 
直接材料や直接労務のロスは、数量差異、価格(賃率)差異で発生原因別に表します。
材料の価格は多様な要因で変動しますが、製造原価の中で金額的な重要性が高いので、価格差異が生じた原因を購買データに取り込み、分析に使用できるような取り組みが必要でしょう。
 
製造間接費のロスは、光熱費などの変動費と設備資産の固定費に分けて、数量差異、価格差異に分けますが、固定費の原価差異は、売上不振など操業度の低下で、使用可能な設備を、どれだけ使用せずに無駄をしたかの機会損失を示します。

経営意思決定に貢献する原価管理のあり方

より詳細な資料はこちらから

経営意思決定に貢献する原価管理のあり方
より詳細な資料はこちらから


資料ダウンロード

ページの先頭へ戻る