ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

経営と現場をつなぐ原価管理

従来の原価管理の問題点を整理し、「経営と現場をつなぐ共通語」を設定して業績を評価する方法をご紹介します。

概要

従来の原価管理の問題点

「固定費の扱い」に着目して、
「伝統的原価計算」、「ABC(活動基準原価計算)」、「直接原価計算」、「スループット会計」
の問題点を整理します。

経営と現場をつなぐ共通語

会計期間単位での企業活動の評価と、生産現場で行っている改善活動の評価が一致していない現実を踏まえ、生産部門と管理部門が共通の評価指標を使用することを提案します。

新しい原価管理の方向性

従来の会計期間(1年、半年、月次)サイクルから、企業の中長期活動に合せた視点での原価管理として、企業ビジョンを戦略目標、施策、KPIに落とし込む手法を提案します。

事例紹介

化学品メーカの事例として、「ビジョンに向かって」を社内共通語に、「会計数値」ではなく「いかにビジョンに近づくための活動をしたか」を数値化して評価する例をご紹介します。

執筆社プロフィール

株式会社クロスフィールド

  • 会社名株式会社クロスフィールド (Crossfields Co.,Ltd.)
  • 所在地〒107-0061 東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル 5階
  • 電話番号03-6439-9630
  • FAX番号03-6439-9180
  • 設立年月日2001年7月3日
  • 代表取締役磯貝 光一
『経理・財務・IT分野での数多くのコンサルティング実績/会計領域を中心に活動するプロフェッショナル集団」

クロスフィールドは、ビッグ4出身の公認会計士が中心となって設立したコンサルティングファームです。会計システムの構築や管理会計制度の設計/導入など、会計分野における様々なコンサルティングサービスはもとより、昨今は、高度化、複雑化するシステム導入プロジェクトを安全、かつ確実に成功に導くためのプロジェクトマネジメント支援サービスに力を注いでいます。また、IFRS、セキュリティ対策など、時代の要請と環境変化をとらえたコンサルティングサービスの充実にも積極的に取り組んでおり、日々ビジネスフィールドを拡大中です。クロスフィールドは、これからも「会計とIT」を基軸に、コンサルティングの可能性を追求し続けます。

ページの先頭へ戻る