ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 広告・情報配信サービス:FINECHANNEL
  3. 広告主の方へ
ここから本文です。

広告主の方へ:金融機関のデジタルサイネージへの出稿について

NEC×金融機関×デジタルサイネージが、信頼性の高いプロモーションチャネルを提供します。

デジタルサイネージが様々に配置されている

豊富な実績と高度なノウハウで新しいサービスを提供

NECは、デジタルサイネージ領域において、ディスプレイなどの表示機から配信システムやコンテンツの効果測定まで、顧客のニーズに合わせ様々なソリューションを提供してきました。これまで蓄積した効果的運用や視認性の高いコンテンツなどの高度なノウハウを活用し、信頼性が高く、効果的なコンテンツ配信サービスを実現します。

アクションにつながるデジタルサイネージメディア

金融機関の利用は、生活者の日常生活の動線上にあります。生活者が金融機関内で受け取った情報は、直後の消費行動につながり易く、高い広告効果が期待できます。また、生活者は、金融機関に対して安全で信頼性が高いというイメージを持っており、そこで発信される情報にも信頼性を感じ、認知・理解を促す環境が整っています。

全国の金融機関に約1300面展開

全国の金融機関を広くネットワークし、約1300面にサービスを展開。(2015年4月現在) 複数の金融機関での情報発信を可能とする初のメディアです。待合ロビーやATMコーナーに設置してあるデジタルサイネージは、建物内での目線や導線に配慮し設置されています。落ち着いた環境で、高い認知率及び視認率を実現できます。

FINECHANNELの特長

金融機関でのお客様の待ち時間は、窓口で約9分、ATMで約7分。待ち時間に「特になにもしない」というお客様は4割以上。おのずと注目を集めるメディアとして、広告プロモーションにご活用いただけます。

図版:FINECHANNELの特長

高い広告効果が期待できる3つのポイント

金融機関ならではの特性を活用し、生活者の消費行動に強く訴求します。

図版:高い広告効果が期待できる3つのポイント

出典:NEC調べ「デジタルサイネージ向け広告・コンテンツに関する調査」
(調査期間:2012年12月22日~12月24日、サンプル:1,547人、調査機関:マクロミル)

全国の金融機関を広くネットワーク

・金融機関の例ロゴ
・全国の金融機関に約1300面のサービス展開
・約20分に1回の広告チャンス 視聴者数 約1300万人/月*
   *)2015年4月現在、来場者数 約1300万人、視聴率 56.2%

ページの先頭へ戻る