ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 金融ソリューション
  4. 銀行/信金向けソリューション
  5. 次世代営業店端末『NAVUTE』
ここから本文です。

次世代営業店端末『NAVUTE』

金融機関の店舗におけるセールスの拡大と店舗運営コストの低減を支援

■ポイント

  • 高性能・低コストな標準ビジネスPCを採用
  • 統合アプリケーション基盤により営業店端末の多機能化を実現
  • 「業務ナビゲーションシステム」で業務プロセスの堅確化を支援

特徴

  1. 端末ハードウェアに標準ビジネスPCを採用
    標準的なビジネスPCに金融機関特有のI/O機器(通帳伝票プリンタや現金処理機、カードリーダなど)を組み合わせた構成により、ハードウェア導入コストの大幅な低減を実現します。
    また、処理の中核をなす制御部には、標準的なビジネスPCを採用しており、最新OS、最新技術の採用やシステムのアップグレードが容易に可能となります。現金機関連の専用周辺機器やレガシーなインタフェースの周辺機器との接続は、分離型の「I/O制御ボックス」で吸収します。
  2. 最新イメージ処理技術の活用
    高解像度、フルカラーの高速読み取りを可能とするイメージスキャナと、二次元バーコード認識などを含む最新OCR技術により、イメージ処理の適用業務範囲を従来以上に拡大し、さらなる業務効率化と堅確化を促進します。
  3. 統合情報サービス端末の実現
    営業店窓口業務に必要な各種業務システムを集約・連携させる統合アプリケーション基盤の提供により、総合情報端末としての利用を実現します。
    従来、資産運用相談業務や金融商品販売業務などを行う際には、別途情報系端末やイントラネット用パソコンの利用のために、端末間の移動や離席の必要が生じましたが、1つのアプリケーション基盤に統合することで、1つの画面の中での運用を実現します。これにより、事務効率の向上や、顧客サービスの向上を図ることができます。
  4. 「業務ナビゲーションシステム」との連携
    「業務ナビゲーションシステム」は、業務プロセスを可視化し、画面上のガイダンスに従って処理を進めることで「誰でも同じ手順、同じ質」で事務を遂行することが可能となり、窓口業務の標準化、均質化を支援します。
    「業務ナビゲーションシステム」との併用により、店頭受付から記帳、返却までの一連の業務プロセスをサポートするとともに、必要な業務システムとの連携機能やガイダンスにより、店頭におけるオペレーショなるリスクの低減を促進します。

関連情報

ページの先頭に戻る