ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 金融ソリューション
  4. クラウドサービス
  5. 為替集中BPOサービス
ここから本文です。

為替集中BPOサービス

NECの為替集中BPOサービスは、操作性を追及した画面と入力支援機能でオペレータの作業負荷を軽減し、より迅速・正確な 為替業務処理を支援します。またこれまでのシステムは専用システムが主流であったため、特に為替業務は繁閑の格差が課題となっていました。
NECではこうした課題を解決すべく、柔軟性を兼ね備えたサービスをご提供いたします。

■ポイント

  • 各種為替事務処理を「バックオフィスセンター」で専任のオペレータが代行
  • 最新のイメージ処理システムを採用し、効率的かつ高セキュリティに業務運用を実現
  • 効率的かつ高セキュリティに業務運用

効果

金融機関のサービス利用によるメリットは以下の通りです。

  1. スケールメリットにより投資コスト、運用コスト等の低減が図れます。
  2. 要員の削減が図れるとともに為替集中業務特有の要員シフトの必要がなくなります。
  3. システムメンテナンス・制度対応(全銀6次対応)から開放されます。
  4. イメージデータでの照会等の機能を持った最新のシステム導入が可能となります。
  5. 設備等の安全対策・セキュリティが確保されます。

またシステム機能の特徴として以下の点が挙げられます。

  1. 東海地区の信用金庫で稼動実績あるシステムの提供(平成20年7月~稼動)
  2. エントリー方式は補正1、補正2、検証1の三段階方式を採用し、データ精度を高め、自動発信率を上げることにより金融機関側の負荷軽減を図る。(自動発信率目標値:90%以上)
  3. 発信に伴う役席承認が必要となる限度額は、各金融機関毎に個別設定が出来る。
  4. 金融機関本部(事務センター)側で検証が必要となる場合、パトランプにて通報される為、常時役席者が在席する必要がない。
  5. 営業店PCからデータの処理状況・通番照会・精査が常に確認ができる。
  6. リエンタFDによる繰越データの発信が可能な為、サーバ障害、災害からのバックアップが出来る。
  7. システムの安全対策(サーバ・端末の二重化、セキュリティ管理他)

昨今、金融機関においては、競争激化に対応するため、高収益業務へのシフト、新規サービスの創出、コア業務以外の運用コストの低減が急務となっております。この為替集中BPOサービスは、非コア業務の運用コスト低減に大きく貢献し、金融機関の業務革新を支援するものです。また、本サービス自体の業務改善とシステム強化を継続的に進めることにより、さらなる効率化や金融制度変更など事業環境の変化への柔軟な対応を実現します。

関連情報

ページの先頭に戻る