ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 金融ソリューション
  4. 銀行/信金向けソリューション
  5. 信用金庫様向け情報系ソリューション
ここから本文です。

信用金庫様向け情報系ソリューション

金融規制緩和による外資、異業種の算入、IT技術の進展による距離と時間の解消により、地域金融機関の置かれている環境は益々競争が激化する状況にあります。一方、バーゼルII対応や新アクションプログラム対応と、金融機関の経営力強化、経営管理力強化が求められており、経営戦略の立案、実践、経営管理を支援する情報系システムの重要性が増しております。
NECでは、このような地域金融機関の課題、ニーズを解決する方法として、新情報系ソリューションをご提案致します。

現状情報系システムの課題

  1. 業務ごとに個別のサブシステムを導入
    業務毎に個別にサブシステムが導入されてきたことにより、サブシステム間の関係(データの流れ)が複雑になっており、システムのメンテナンスコストが増大している。
  2. データの重複・不整合
    それぞれの業務サブシステムへのデータ登録時期、場所の違いにより、システム間でデータに不整合が発生している。
  3. 非効率なオペレーション
    業務サブシステム毎にユーザインタフェースが違っており、オペレーションミスの原因になっている。
    一連の業務作業にも係わらず、複数のサブシステムにログインし作業をする必要があり、非効率である。
  4. 情報管理
    個人情報保護法への対応等、顧客情報の活用状況の管理,監視が必要であるが、顧客情報が業務サブシステムに散在しており管理コストが増大している。

新情報系ソリューションの特徴

  1. 統合顧客データベースによる業務間のデータのシームレスな連携を実現
  2. 営業推進、融資業務支援、リスク/収益管理に必要な業務システムを体系化

統合顧客データベースを軸とする情報系

ソリューション

統合顧客データベースシステム

各システムに散在する顧客データを統合し情報系の中核となる顧客マスターや共同センターから還元される月次/日次データの活用環境を構築。顧客情報を照会/更新する顧客情報管理機能を備えています。

営業支援システム

渉外員の営業活動を支援するシステム。モバイル端末を活用し、外出先での各種事務を支援すると共に、PDCAサイクルの営業活動を支援します。

融資支援システム

融資稟議書作成から申請、審査、実行の一連のプロセスを簡易なワークフロー機能により管理。債務者の期日管理、延滞管理と、融資担当者の業務をトータルに支援します。

格付・自己査定システム

金融機関が抱える信用リスクを客観的な基準により評価管理する仕組みとして、金融検査マニュアルに即した格付・自己査定業務を支援します。

カタログダウンロード

ページの先頭に戻る