ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ファクトリコンピュータ
  4. FC98-NXシリーズ
  5. FC-R20W
  6. 特長
ここから本文です。

FC-R20W Series ~特長~

特長

低電力マルチコアCPU搭載

CPUは消費電力の低いQuad-Core インテル® Xeon® プロセッサー E5-2418L(2.0GHz)を、チップセットはインテル® C604を採用。さらに、1Wayモデルでは最大16GB、2Wayモデルでは最大32GBのメモリ(DDR3 RDIMM 1333MHz)搭載が可能です。マルチタスク環境やバックグラウンド処理など、プロセッサーにかかる負荷が大きい場合にも、抜群の処理能力を発揮します。

各種OSプリインストールモデルを用意 ※1

プリインストールOSとしてWindows Server® 2008 R2 SP1 (日本語/英語)、Windows Sever® 2003 R2 SP2 (32bit 日本語/英語)、Windows® 7 Professional SP1 (64bit 日本語/英語)※2、Linux(MIRACLE LINUX V6 SP3 (64bit))※3 を選択いただけます。

  • ※1:Windowsは組込み向けのEmbeddedライセンスを使用しています。プリインストールOSの正式名称は以下となります。
    ◆正式名称
    • Microsoft® Windows Server® 2008 R2 SP1 for Embedded Systems Standard (1-4 CPU,5 CAL Version)
    • Microsoft® Windows Server® 2003 R2 SP2 Standard Edition x32 for Embedded Systems (1-4 CPU,5 CAL Version)
    • Microsoft® Windows® 7 Professional SP1 for Embedded Systems x64 (1-2 CPU)
  • ※2:ESMPRO® / ServerManager、ServerAgentおよびソフトウェアRASツールは2014年4月より対応しています。
  • ※3:プリインストールOSの正式名称は以下となります。
    ◆正式名称
    • Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP3
    なお、ESMPRO® / ServerManager、ServerAgentおよびソフトウェアRASツールは2014年11月より対応しています。

ソフトウェアサポート

ソフトウェア関連の技術サポート、PP(プログラム・プロダクト)サポート(有償)を順次製品化していく予定です。

  • ※:プリインストールしていますWindows Server® 2008 R2のPPサポートを用意しています。
    他のOSおよび添付アプリケーションのPPサポートは用意しておりません。

  • 17型LCDコンソールドロア(FC-LD17BA001)は、2015年9月末日で出荷を終了しています。

コンパクトな筐体サイズ

奥行き531mm、筐体サイズの小型化を実現しました。
オプションの19インチラック取付レールキット(FC-RK002-2U)を使用し、奥行き660~900mmのラックへの実装が可能です。

豊富な拡張スロット

PCI-Express(x16)スロットを1Wayの場合は1スロット/2Wayの場合は2スロット、PCI-Express(x8)スロットは2スロット※1、PCI-Express(x1)スロットは1スロット用意しています。

  • ※1:1スロットは、RAIDボードで占有しています。

多彩なファイル構成に対応

SAS(Serial Attached SCSI)仕様の2.5型HDDまたは振動・衝撃に強いSSDを最大8台実装できます。RAIDボードの設定により、多彩なRAID構成(RAID 0/1/5/6/10 ※1)での運用が可能です。複数のRAID構成の組み合わせも可能。※2
また、ホットスワップ対応により障害発生時にはシステムを停止することなく、HDDやSSDを交換できます。
さらに、CF(コンパクトフラッシュ®)用スロットも用意しています。

  • ※1:セレクションメニューで選択できるのはRAID1またはRAID5です。
  • ※2:同一RAID構成の中でHDDとSSDの混在はできません。

raid

耐環境性とこだわりの信頼性

産業用途での耐環境性を実現するために、マザーボード設計、電源設計や冷却設計など24時間連続稼働を追求して国内で設計・生産。また、オリジナル仕様の電源、長寿命部品(空冷ファン、電源、コンデンサ等)など、厳格な基準による高品質部品を採用。さらに、製品検査は高温エージングによる全数出荷検査を実施しています。

メモリダンプ機能

システム運用/デバッグ中にOSがハングアップ状態となった場合でも、DUMPスイッチを押すことでメモリ情報を取得できます。取得情報をお客様にて解析することで障害の原因調査が行えます。

  • 取得情報の解析はお客様にて実施ください。

選べる電源制御

AC投入時に本体の電源ON/OFF動作を選べる「AC投入時の電源制御機能」※1、外部からの信号入力により本体の電源ON/OFFを制御する「電源リモートコントロール機能」を標準装備。用途に合わせて電源制御を選べます。

  • ※1:AC投入時の電源制御機能はBIOSでの設定となります。

国内・海外の各種規格・法令に対応

RoHS指令の指定6物質について、使用制限以下での製品化を実現しています。

  • RoHS指令とは電気電子機器に含まれる特定有害物質[ 鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)の6物質] の使用制限に関する欧州議会および理事会指令です。

保守性を考慮したホットスワップ機能

HDD/SSD、電源ユニット、空冷用ファンが故障した場合、ランプが点灯。ホットスワップ対応によりシステムを止めることなく、お客様自身でも簡単に交換することができます。

R20Wホットスワップ機能

イージーメンテナンス設計

本体前面からHDD/SSDを容易に交換可能。空冷用ファン、カレンダ電池、電源もホットスワップに対応しています。装置前面のVFD表示部に故障要因箇所が表示されるため容易に故障部位の確認ができます。

R20Wイージーメンテ

サーバ用途に適したRAS機能 ※1

EXPRESSSCOPE エンジン3

本体のマザーボード上にマネージメントコントローラチップ(EXPRESSSCOPE® エンジン3)を標準搭載。このため、従来のような専用のRASボードを搭載することなく装置の状態監視・電源制御が可能です。

  • ※1:Windows® 7は2014年4月末より、Linuxは2014年11月より対応しています。

リモートマネージメント機能 ※1

マネージメント専用LANをネットワーク接続することにより、遠隔地からWebブラウザやSSHクライアントなどを使ってCPU温度やウォッチドッグタイマ、空冷ファンなど本体の状態監視や電源制御、サーバの操作などが可能です。
また、本機能を使用することにより、遠隔地から本装置のローカルコンソールのイメージを画面表示し、キーボード・マウスの操作(リモートKVM機能)や、管理者の端末に接続したDVDドライブおよびISOイメージ/フラッシュメモリを、管理対象サーバに接続されているドライブとして認識させることが可能(リモートメディア機能)。OS上の各種アプリケーションはもちろん、OSそのもののインストールも可能です。

  • ※1:Windows® 7は2014年4月末より、Linuxは2014年11月より対応しています。

状態表示機能

装置前面のVFD表示部(蛍光表示管[VFD])に20字2行(40字)の英数字でハードウェア情報(POST、アラーム等)を表示します。現場での状態把握や保守サポートの際に役立ちます。

エラーコード 内容
tdHDD0 Fault ハードディスクドライブが縮退した状態で稼働中。
Sys FAN1R Lower NC ファンアラームを検出。
DIMM1 UC-ERR DIMM にて修復不可能なエラーが発生。

ESMPRO® / ServerManager,ServerAgent標準添付 ※1

効率的なサーバ統合管理を支援するソフトウェア(ESMPRO® / ServerManager、ServerAgent)を標準添付しています。1台の管理用端末でシステム全体の構成情報や障害監視・分析、稼働状況などを一括管理することが可能です。迅速なシステム復旧に役立つ障害情報、CPU負荷率やメモリ使用率といった稼働状況などが統合管理でき、複数サーバの管理負担を軽減します。

標準添付

  • ※1:Windows® 7は2014年4月末より、Linuxは2014年11月より対応しています。

5年間の商品供給、10年間の保守も可能

本体は発売後5年間の商品供給を保証。
また、製造中止後7年間の保守期間を、さらに3年間延長する「保守受付期間3年延長S」(FC-LS001S)をオプションで用意。
製造中止後10年間の保守受付が可能です。

保守10年

  • 本オプションは保守契約ではありません。保守の都度、保守費用が別途必要です。
    対象となるNEC製FC本体購入時に限り購入可能です。
  • 2026年1月~2028年12月までの期間保守が必要な場合は、保守受付期間3年延長オプションをご購入ください。
  • 本体供給終了時期を2017年12月から延長しています。なおWindows Server® 2003 R2プリインストールモデルは2018年5月供給終了となります。

ファクトリコンピュータ Supportパック

万一のハードウェアトラブルにも安心なファクトリコンピュータSupportPackを用意。以下のサービスと、サポート期間(3年間/7年間/10年間)からお選びいただけます。

  • 引取修理(エコノミー)サービス
    トラブルが発生した場合、装置をNEC指定の宅配業者が引き取りに伺い、修理対応後返却します。(修理期間は輸送期間を除き、原則10日以内です。(祝祭日、当社既定の休日を除く))
  • 出張修理サービス
    トラブルが発生した場合、カスタマエンジニアが設置場所まで伺い、復旧処理を行ないます。
  • 「10年間パック」をご選択される場合、対象装置の保守受付期間が10年間に満たない場合は「保守受付期間3年延長S(FC-LS001U)」が必要となります。
  • 17型LCDコンソールドロア(FC-LD17BA001)は保守サービスパック対象外です。

ページの先頭へ戻る