ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ファクトリコンピュータ
  4. FC98-NXシリーズ
  5. 旧製品情報(本体)
  6. FC-B10M
ここから本文です。

FC-B10M Series

 ※本製品は、現在販売しておりません。(2013年9月末日販売終了)

必要な機能をコンパクトに凝縮。 インテル(R) Celeron(R) M プロセッサー超低電圧版373(1.0GHz)を搭載 組込み用ボックスFC

e21a

出荷開始時期 : 2006年12月下旬
供給終了時期 : 2013年09月
保守終了時期 : 2020年09月予定

  • 保守受付期間3年延長登録の場合
    保守終了時期:2023年9月末日

仕様

項目 型名 FC-B10M ※1※2
モデル シングルディスクモデル ディスクレスモデル
CPU※3 インテル(R) Celeron(R) M プロセッサー超低電圧版373【1.0GHz】
キャッシュメモリ 一次 インストラクション用32KB / データ用32KB(CPU内蔵)
二次 512KB(CPU内蔵)
システムバス 400MHz(メモリバス:333MHz)
チップセット インテル(R) 855GME チップセット ICH4
メモリ※5 最大1GB DIMMスロット×1 DDR-SDRAM(PC-2700〈DDR-333〉) ECC機能なし
表示機能※6 インテル(R) 855GME チップセット内蔵 VRAM:64MB(メインメモリを使用)、 最大解像度1600×1200ドット(UXGA1677万色)、デュアルディスプレイ機能サポート






※7
光学系ドライブ [オプション]FC-DV002UA接続可能(USB接続)
固定ディスクドライブ 80GB 1台標準実装 [オプション] ※8
(空きエリア×1)
コンパクトフラッシュ(R)※9 標準 2スロット(スロット(1)BOOT可能)
オプション [未サポート] FC-CF002R内蔵可能
シリコンディスクドライブ [未サポート] [オプション]
FC-SD4K内蔵可能







※7
USB ※10 4(前面)、USB 2.0対応
シリアル 標準 最大115,200bps D-sub9ピン×1(オス:前面)
オプション 増設シリアルコネクタ(FC-SR001)実装により1ch追加可能
PS/2 ミニDIN6ピン×2(PS/2キーボード/マウス用:前面)
ディスプレイ アナログRGB:ミニD-sub 15ピン(メス)、デジタルRGB:DVI-D 24ピン(メス)
ネットワーク RJ45( 1000BASE-T / 100BASE-TX / 10BASE-T) LANコネクタ×1 、RJ45(100BASE-TX / 10BASE-T) LANコネクタ×1、Remote Power ON機能サポート
サウンド関連 ライン入力(ステレオ、ミニジャック)、ライン出力(ステレオ、ミニジャック)
拡張スロット(PCI)※7 2スロット[32bit / 33MHz / 5V仕様]、ショート〈174.63(W)×106.68(D)mm〉サイズ  PCIバス適合規格 Rev2.2
RAS機能 [標準]※11
電源リモートコントロール機能 [標準]
規格等 RoHS指令対応、VCCI class A 適合、 EMC指令(EN55022、EN61000-6-2)および低電圧指令(EN60950-1)規格に基づいた設計、UL60950-1の規格に基づいた電源設計
消費電力 約43W
(最大 約123W)
約36W
(最大 約123W)
皮相電力 約50VA
(最大 約132VA)
約42VA
(最大 約132VA)
エネルギー消費効率
(2011年度省エネ達成率) ※12※13
I 区分 8.401 (-) ※14
発熱量 約156kJ(最大約444kJ) 約128kJ(最大約444kJ)
外形寸法 240(W)×280(D)×110(H)mm(コネクタ部は除く)
質量 約5.6kg 約4.8kg
  • ※1:型番・型名については、セレクションメニュー表をご参照ください。
  • ※2:サポートOSは、Windows(R) XP Professional(日本語版 / 英語版)、Windows(R) 2000 Professional(日本語版 / 英語版)、PC-DOS 2000(日本語版 / 英語版)です。Server 系OS、Windows(R) 7、Windows Vista(R)には対応しておりませんのでご注意ください。
  • ※3:使用環境や負荷によりCPU動作をダイナミックに変化させる制御を搭載しています。
  • ※4:プリインストールOS以外のOS環境では、拡張版Intel SpeedStep(R)機能が使用できない場合があります。
  • ※5:搭載メモリはセレクションメニューで256MB/512MB/1GB の中から選択可能です。増設RAMボードとしてFC-UG-M005(512MB,PC-2700)、FC-UG-M007(1GB,PC-2700)が利用できます。
  • ※6:本機のもつ解像度および表示色の能力であり、接続するディスプレイによっては表示できないことがあります。
  • ※7:市販品のご利用にあたっては、事前にお客様にてご評価・ご確認をお願い致します。
  • ※8:固定ディスクドライブ(80GB:FC-HD80KH/R、FC-HD80KH/RS)、コンパクトフラッシュ(R)用インタフェースユニット(FC-CF002R)、シリコンディスクドライブ(FC-SD4K)または、フロントアクセスドライブベイアダプタ(FC-FA004R)に実装した市販の3.5型固定ディスクドライブが空きフロントアクセスドライブベイに実装可能です。
  • ※9:コンパクトフラッシュ(R)カードは別売です。市販品をご利用ください。
  • ※10:接続する周辺機器および装置を利用するソフトウェアが、本インタフェースに対応している必要があります。
  • ※11:ご利用いただく際には添付ソフトウェアのインストールが必要となります。RAS機能では、ハードウェア(温度 / 電圧 / ファン / バッテリ等)状態監視機能・ウォッチドッグタイマ機能・SMART監視機能・外部デジタル入出力機能(各1点)・通電時間計測機能・ロギング機能・異常通知機能をサポートしています。なお、RASボード(FC-UG-X009 / FC-UG-X006 / FC-UG-X004)は利用できません。
  • ※12:OS未添付モデルのエネルギー消費効率は、お客様でご利用されるOSがサスペンド(S3)をサポートしていることが前提となります。
  • ※13:エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(単位:ギガ演算)で除したものです。省エネ基準達成率の表示語AAAは達成率500%以上、AAは達成率200%以上500%未満、Aは達成率100%以上200%未満、-は達成率100%未満を示します。
  • ※14:本製品は、省エネ法(2011年度基準)を未達成(100%未満)となります。

設置環境条件※1

FA環境において誤動作を引き起こすこともありますので、下記設置環境条件に十分配慮して使用する必要があります。

項目 固定ディスクドライブ
搭載時
固定ディスクドライブ
非搭載時
周囲温度 ファン無し 5~35℃ 0~45℃
ファン有り 5~45℃ 0~50℃
保存温度※2 -20~60℃ -20~65℃
湿度(非結露) 20~80% 20~90%
保存湿度 (非結露) 20~80% 20~90%
浮遊塵埃※3 特にひどくないこと[0.3mg/m3]
JEITA IT-1004 class B
導電性および吸湿性の塵埃はなきこと。
腐食性ガス ないこと  JEITA IT-1004 class A
耐震性※4 連続:2m/S2
短時間:4.9m/S2
JEITA IT-1004 class B
連続:4.9m/S2
短時間:9.8m/S2
JEITA IT-1004 class S1
耐衝撃性※4
(XYZ各方向3回)
通電:19.6m/S2
非通電:98m/S2
電源電圧※5 AC100~240V +10% -15%(AC85~264V)
電源周波数 50/60Hz±3Hz
電源雑音 1KVP-P 50ns~1μsパルス
絶縁抵抗値 20MΩ (DC 500V)
絶縁耐圧 AC1.5KV 1分間
漏洩電流 1mA以下
静電気耐力 ±6KV(接触放電)、±8KV(気中放電)
EN61000-4-2 Level3
瞬時停電 30ms以下(定格電圧時)
接地 D種
  • ※1:PC型番および市販のファイル装置を内蔵した場合、設置環境条件は増設したオプションの設置環境条件となります。周囲温度0℃以下の所で保存する場合、本体内の時計がずれる場合がありますので、使用する際に再設定をおこなってください。
  • ※2:別売りのキーボード/マウスの保存温度はFC-KB001R / FC-KB005:-20~60℃ / FC-KB006:-5~50℃ / FC-MS003:-20~60℃ / FC-DV002UA:-20~60℃となります。
  • ※3:塵埃の多い場所あるいは金属粉・オイルミスト・腐食性ガスなどがある環境で使用される場合は、防塵ラックや密閉筐体などに収容してご使用ください。
  • ※4:本体の固有周波数と近接した場合に生じる共振現象における耐力を保証するものではありません。
  • ※5:本機に搭載の電源ユニットは、力率改善電源です。短形波出力タイプのUPS(無停電電源装置)は利用できません。

設置方向

FC-B10MFシリーズを安全且つ安定的にお使いいたくためにも、以下の条件を守って設置してください。

本体周辺の空間について

本体には温度上昇を防ぐための通風孔が開けてあります。 通風孔エリアおよびケーブル接続エリアを確保するために、本体前面側、上面側、左側面側、背面側を他機器などから離して設置してください。

世代番号

世代番号 変更内容 適用時期
B 固定ディスクドライブをSATA仕様に変更。
(SATA→IDE 変換アダプタ付)
2010年10月以降
生産品より
A 初期設定  

最新情報


  • Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • インテル、Intel、Pentium、Celeron、Intel SpeedStepは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です
  • Linuxは、Linus Torvalds氏の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • MIRACLE LINUXの名称およびロゴはミラクル・リナックス株式会社が使用許諾を受けている登録商標です。
  • PS/2は、IBM社が所有している商標です。
  • コンパクトフラッシュ(CompactFlash(R))は、米国サンディスク社の登録商標です。
  • スタンバイレスキュー、スタンバイレスキューLite、Standby Rescue、Standby Rescue Liteは、株式会社ネットジャパンの商標です。
  • Corel、Corel ロゴ、Roxio CreatorおよびRecordNow は、カナダ米国、およびその他の国における Corel Corporation とその子会社の商標または登録商標です。
  • 記載されている商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本体添付のリカバリCD-ROMを用いて再セットアップをおこなった場合、ハードディスクは工場出荷時と同じ状態に強制的に戻されます。
  • 本機にインストールされているOSは、Microsoft社のアップグレード/ダウングレード対象製品ではありませんのでご注意ください。
  • 本製品には、有寿命部品(バッテリ、ハードディスク、冷却用ファン等)が含まれています。使用頻度や条件により異なりますが、有寿命部品の交換時期の目安は、マニュアル等に記載されていますのでご参照ください。
  • 各種拡張機器/OS/アプリケーションソフトの動作確認については、各メーカにご確認ください。
  • 本商品(ソフトウェアを含む)は日本国内でのみ販売するものであり、当社では海外の保守サービスおよび技術サポートをおこなっておりません。

ページの先頭へ戻る