Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

ShieldPRO H11A ~仕様~


仕様

項目FC-H11A/BE6SS
CPU※1 インテル(R) Atom(TM) プロセッサー N2600
 動作周波数 1.60GHz (拡張版Intel SpeedStep(R)テクノロジー対応) ※2
コア数/スレッド数 2コア / 4スレッド
(インテル(R)ハイパースレッディング・テクノロジーに対応)
キャッシュメモリ スマートキャッシュ 1MB
システムバス 2.5GT/s DMI ※3
チップセット モバイルインテル(R) NM10 チップセット
セキュリティチップ ※4 TPM搭載 (TCG V1.2準拠)
メモリ※5 2GB ※6 SO-DIMMスロット DDR3-SDRAM



表示素子※7 10.4型 TFTカラー液晶ディスプレイ(XGA)
AR(Anti-Reflection)処理、円偏光フィルタ搭載
 LCDドット抜け※8 ドット抜けの割合は0.0003%以下 隣接するドット抜け間の距離は15㎜以上
解像度・表示色 最大1024×768ドット(1677万色※9)






※10
光学系ドライブ [オプション] FC-DV002UB接続可能 (USB接続※11)
SSD ※12 約64GB ※13 (Serial ATA仕様)



ポインティング
デバイス
抵抗膜方式タッチパネル ※14
タブレットボタン 任意の機能を割り当て可能(最大14件)







※10
USB ※15 3ポート (USB2.0対応)
シリアル 最大115,200bps D-sub9ピン×1(オス)





無線LAN ※16 本体内蔵、IEEE802.11 b/g/n準拠
Bluetooth(R) ※17 本体内蔵、Bluetooth(R) 3.0
内蔵カメラ ※18 200万画素、CCDカメラ
サウンド関連 マイク入力 (ステレオ、ミニジャック)、ヘッドフォン/ライン出力共用 (ステレオ、ミニジャック)、内蔵スピーカ ※19
メモリカードスロット ※20 1スロット SDメモリーカード(SDXCメモリーカード) ※21

本体動作可能電圧 DC 19.5V
バッテリパック ※22※23

 リチウムイオンバッテリ搭載  
駆動時間:約8時間 質量:約0.4kg

ACアダプタ AC100~240V ±10%、50/60Hz [日本以外の国で使用の場合は別途電源コードが必要です。]
消費電力 ※24 約10W ※25 (最大 約45W)
エネルギー消費効率
(2011年度省エネ基準達成率) ※26
Y区分 0.373(A)
外形寸法 290 (W) × 240(D) × 34 (H) ㎜ (突起部、バンパー部を除く)
質量 約 1.9kg (バッテリパック含む)
インストールOS

Windows(R) Embedded Standard 7 (Service Pack1) ※27

※1:使用環境や負荷によりCPU動作をダイナミックに変化させる制御を搭載しています。

※2:プリインストールOS以外のOS環境では、拡張版Intel SpeedStep(R)機能が利用できない場合があります。

※3:DMIはDirect Media Interfaceの略です。

※4:プリインストールのWindows(R) Embedded Standard 7以外では使用できません。

※5:グラフィックスメモリはメインメモリを使用します。

※6:メモリは増設できません。

※7:液晶ディスプレイは非常に高精度な技術で作られていますが、画面の一部にドット抜け(ごくわずかな黒い点や、常時点灯する赤、青、緑の点)が見えることがあります。また、見る角度によっては色むらや明るさのむらが見えることがあります。これらは、液晶ディスプレイの特性によるもので、故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。

※8:ISO13406-2の基準にしたがって、副画素(サブピクセル) 単位で計算しています。

※9:1677万色表示は、グラフィックアクセラレータのディザリング機能により実現します。

※10:市販品のご利用にあたっては、事前にお客様にてご評価・ご確認をお願い致します。

※11:USBポートを2ポート使用します。

※12:SSDは、アクセス頻度により寿命が変化します。

※13:出荷時にはインストール済みソフトで約10GB占有しています。

※14:Windows(R) Embedded Standard 7のマルチタッチテクノロジーには対応しておりません。

※15:接続する周辺機器および本製品を利用するソフトウェアが、本インタフェースに対応している必要があります。

※16:通信速度、通信距離は、接続対象機器、電波環境、周囲の障害物、設置環境、使用状況、ご使用のアプリケーションソフトウェア、OSなどの様々な条件により変化する場合があります。理論上の通信速度は、送受信とも300Mbpsですが実際のデータ転送速度を示すものではありません。

※17:Bluetooth(R) V1.0、Bluetooth(R) V1.0B仕様のBluetooth(R)対応機器とは互換性がありません。Bluetooth(R) V2.0(2.1) 仕様のBluetooth(R)対応機器とは互換性があります。

※18:本体内蔵カメラを使用する際は、専用のアプリケーションをご用意ください。

※19:内蔵スピーカは、ビープ音専用です。オーディオ再生等でご使用の際は、市販の外付けスピーカをご使用ください。

※20:カードスロット機器(SDカード,SDXCカード等)は別売りです。市販品をご使用ください。

※21:「マルチメディアカード(MMC)」はご利用できません。「SDメモリーカード」、「SDHCメモリーカード」、「SDXCメモリーカード」の著作権保護機能には対応しておりません。「SDIOカード」には対応しておりません。「mini SDカード」、「micro SDカード」をご使用の場合には、SDカード変換アダプタをご利用ください。micro SDカード→ mini SDカード変換アダプタ→ SDカード変換アダプタの2サイズ変換には対応しておりません。詳しくは「mini SDカード」、「micro SDカード」の取扱説明書をご覧ください。

※22:バッテリ駆動時間は、ご利用状況によって記載時間と異なる場合があります。バッテリパックは消耗品です。

※23:JEITA (一般社団法人電子情報技術産業協会)バッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)に基づいて測定したバッテリ駆動時間です。動作環境・液晶の輝度・システム設定により変動します。

※24:ACアダプタ効率による損失電力は含みません。

※25:バッテリ充電電力は含みません。

※26:エネルギー消費効率とは、省エネ法(目標年度2011年度)で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(単位:ギガ演算)で除したものです。省エネ基準達成率の表示語ーは達成率100%未満、Aは達成率100%以上200%未満、AAは達成率200%以上500%未満、AAAは達成500%以上を示します。

※27:Internet Explorer(R) 8がインストールされています。なお、Service Packの削除およびアップグレード/ダウングレードはできませんのでご注意ください。

本体やメモリカードの廃棄または譲渡の際のご注意

本体やメモリカードを廃棄または譲渡する際に、重要なデータが流出するというトラブルを回避するためには、ハードディスクやメモリカードに記録された全データをお客様の責任において消去していただくことが重要になります。
データの消去方法については、本体添付の電子マニュアルを参照ください。

無線LANのご注意

無線LANでは、セキュリティの設定をすることが非常に重要です。詳細は、本体添付の電子マニュアルを参照ください。

電波に関するご注意

[無線LAN、Bluetooth(R)]

  • 病院内や航空機内など電子機器、無線機器の使用が禁止されている区域では使用しないでください。機器の電子回路に影響を与え、誤作動や事故の原因となるおそれがあります。
  • 埋め込み型心臓ペースメーカを装備されている方は、本製品をペースメーカ装置部から30cm以上離して使用してください。

 

[無線LAN(2.4GHz) IEEE802.11g/IEEE802.11b/IEEE802.11n、Bluetooth(R)]

  • 本商品では、2.4GHz帯域の電波を使用しています。この周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、他の同種無線局、工場 の製造ラインなどで使用される免許を要する移動体識別用構内無線局、免許を要しない特定小電力無線局、アマチュア無線局など(以下「他の無線局」と略す)が運用されています。
  • IEEE802.11b/IEEE802.11g/IEEE802.11n規格ワイヤレスLANを使用する前に、近くで「他の無線 局」が運用されていないことを確認してください。
  • 万一、本商品と「他の無線局」との間に電波干渉が発生した場合は、速やかに本商品の使用チャンネルを変更するか、使用場所を変えるか、または機器の運用を停止(電波の発射を停止)してください。
  • 電波干渉の事例が発生し、お困りのこ とが起きた場合には、弊社またはNEC保守サービス拠点(連絡先は本体添付の電子マニュアルを参照)までお問い合わせください。