ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ファクトリコンピュータ
  4. ShieldPROシリーズ
  5. 環境への配慮
ここから本文です。

環境への配慮

ファクトリコンピュータ ShieldPROシリーズでは、環境対応配慮製品をご提供しております。

対応状況

ファクトリコンピュータShieldPROシリーズ本体の対応状況は、以下の通りとなっております。 各本体の詳細情報は”詳細”ボタンをクリックしてください。なお、記載製品以外は「J-Moss:対象外」、「RoHS指令:非対応」となります。

本体

(○:対応  -:未対応)
環境配慮事項 G11A
グリーン購入法
(2017年2月閣議決定の判断基準による)
未達成
省エネ法
目標年度 2011年度
Y区分
0.37
(A)
エコシンボル
※1
マニュアルの電子化/再生紙使用
古紙使用率70%以上の包装材使用
J-Moss 対象外
RoHS指令
電子情報製品汚染制御管理弁法 (通称:中国版RoHS) -
エコポリカなどのノンハロゲン・ノンリンプラスチックを筐体に使用 -
再生プラスチックを筐体などに使用 -
使用済み製品の回収
詳細情報 こちらへ
  • ※1:2012年度基準

オプション

メモリ

ファイル装置

電源関連機器

バッテリ

防塵フィルタ

その他

規格概要

グリーン購入法

正式名称:「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」
国等の公的機関に率先して環境物品等(環境負荷低減に資する製品・サービス)の調達を求める法律。

省エネ法

正式名称:「エネルギーの使用の合理化に関する法律」
工場等、輸送、建築物及び機械器具についてのエネルギーの使用の合理化を総合的に進めることを目的とした法律。機器ごと目標基準値(基準エネルギー消費効率)が定められ、基準値の適合と表示義務が製造事業者に課されている。
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(単位:ギガ演算)で除したものです。省エネ基準達成率の表示語AAAは達成率500%以上、AAは達成率200%以上500%未満、Aは達成率100%以上200%未満、-は達成率 100%未満を示します。

エコシンボル

NECが独自に定めた環境配慮基準を満たす製品に付与する環境ラベルです。先進性の維持や透明性の確保が条件となっています。
詳細は、「NEC環境ラベル「エコシンボル」「エコシンボルスター」」をご覧ください。

マニュアルの電子化/再生紙使用

マニュアルを電子化し、紙資源の節約を実現しています。添付の「はじめにお読みください」およびオプションのユーザーズマニュアルについては再生紙を使用しています。

古紙使用率70%以上の包装材使用

包装材は、古紙使用率70%以上のダンボールを使用しています。

J-Moss

正式名称:「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法(JIS C 0950)」
J-Mossとは、電気・電子機器に含有される特定化学物質〔鉛(Pb)、水銀(Hg)、カドミウム(Cd)、六価クロム(Cr(Ⅵ))、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)〕の表示に関するJIS規格の略称です。
J-Mossグリーンマークの対象範囲は、資源有効利用促進法により含有マーク表示が義務付けられる品目のみに限定されております。ファクトリコンピュータは対象外の製品です。

RoHS指令

RoHS指令とは、電気電子機器に含まれる特定有害物質〔鉛(Pb)、水銀(Hg)、カドミウム(Cd)、六価クロム (Cr(Ⅵ))、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニル・エーテル(PBDE)の6物質〕の使用制限に関する欧州議会および理事会指令です。

電子情報製品汚染制御管理弁法 (通称:中国版RoHS)

電子情報製品汚染制御管理弁法(通称:中国版RoHS)とは2007年3月1日から施行される中国の法令で、電子情報製品に対する有毒、有害物質に関する規制措置です。現状では、規制対象6物質[鉛(Pb)、水銀(Hg)、カドミウム(Cd)、六価クロム(Cr(VI)),ポリ臭化ビフェニル(PBB),ポリ臭化ジフェニル・エーテル(PBDE)]の含有情報他の表示義務が課せられます。

使用済み製品の回収

  • 取扱説明書への対象6物質の含有情報の記載
  • 本体への電子情報製品汚染防止標識の表示
非含有マーク 含有マーク
【非含有マーク】 【含有マーク】
環境保護使用期限:10年
  • 梱包材への包装リサイクル標識の表示
外箱マーク 本体包装ポリエチレンマーク
【外箱マーク】 【本体包装ポリエチレンマーク】

資源有効利用促進法に対応し、当社では、法人ユーザ様から排出される使用済製品についての回収を有償にて行っています。なお、 回収した使用済製品は積極的にリユースしております。
詳細はこちら http://jpn.nec.com/eco/ja/product/recycle/it/index.html

ページの先頭へ戻る