ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. Express5800シリーズポータル
  5. Expressテクノロジ読本
  6. 優れたサーバ運用管理の追求
  7. サーバ監視機能
ここから本文です。

サーバ監視機能:優れたサーバ運用管理の追求

EXPRESSSCOPE®エンジンのサーバ監視機能

EXPRESSSCOPE®エンジンを搭載するサーバは、遠隔の管理者コンソールから、状態監視することが可能です。(サーバ状態監視) また、万一の故障時には、OSが採取する障害ログ以外に、EXPRESSSCOPE®エンジン自身が収集するIPMIログの採取・分析が可能です。(サーバ解析)

サーバ状態監視

【画像】サーバ監視画面

EXPRESSSCOPE®エンジンが管理者のコンソールに提供するサーバ監視画面には、サーバの操作パネル上の全てのLEDがリアルタイムに点滅しています。また、サーバ内に有する、仮想LCDを表示することにより、サーバの状態を簡潔かつわかりやすく表現します。

さらに、標準搭載の管理用LANポートをネットワークに接続することで、Webブラウザやコマンドラインインタフェースからでもシステム稼働状況の確認が可能です。接続の手軽さに加え、詳細情報のグラフィカルな表示により、細かなハードウェア状態の監視をより容易に行うことができます。また、各サーバの情報取得はOSに依存しないベースボードマネージメントコントローラー(Baseboard Management Controller)経由で行うため、データセンタのような多種多様なOSが混在する場合の監視業務にも最適です。

【画像】Webブラウザから各サーバの稼働情報を確認可能

接続制限・アクセスログ機能

運用管理では業務の容易化、簡略化とともに、その安全性の確保も必須課題です。EXPRESSSCOPE®エンジンでは、リモート操作を行う管理用ネットワークにユーザ/パスワードによる接続制限設定が可能です。さらに管理用LANのアクセスログ機能もサポートし、第三者などによる不正接続リスクを低減できるなど、効率的かつ堅牢性の高いリモートマネジメント環境を実現できます。

【画像】ユーザアカウント/パスワード方式によるアクセス制限が堅牢性を強化

サーバ解析

【画像】IPMIログ画面イメージ

EXPRESSSCOPE®エンジンが採取・収集したIPMIログは、管理者のコンソールから参照することができます。IPMIログの表示画面には、EXPRESSSCOPE®の故障辞書に照らし、各々のログがどのような意味であり、どの部位の故障が考えられるかが併せて表示されます。

サーバ状態監視最適化

【画像】E-Mail通報設定画面/SNMP通報設定画面イメージ

E-mail通報/SNMP通報の通報ポリシーは、各センサ情報ごとに個別設定が可能です。
お客様の運用レベルに応じた通報内容を定義できるため、障害発生時の迅速な復旧はもちろん、障害の予兆検知や未然防止にも役立ちます。

EXPRESSSCOPE®エンジン+
標準添付「ESMPRO®/ServerManager,ServerAgentService」のサーバ監視機能

さらに、標準添付の「ESMPRO® / ServerManager,ServerAgentService」により、各拠点に点在するサーバの動作状態を管理者のコンソールで一括(統合)管理できます。管理者のコンソール(ESMPRO® / ServerManager)では、GUI画面によってサーバを効率よく管理することができます。万一サーバに異常が発生した場合、サーバ上で動作するサーバエージェント(ESMPRO® / ServerAgentService)が異常を検知し、直ちに管理者の端末(ESMPRO® / ServerManager)に通報します。管理者のコンソールのアイコン色により異常が発生しているサーバや故障箇所を明示します。

【画像】サーバ監視機能イメージ

<関連情報>

ご購入前のご相談・お問い合わせ

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい

まだ、導入するかわからない・・・という方でも、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションに数多くの実績を持つNECが対応いたします。

ファーストコンタクトセンター

電話番号は03-3455-5800

月曜日~金曜日(除祝日、弊社休日)
9:00~12:00 / 13:00~17:00

もっと詳しく製品を知りたい方

ショールームクラサバ市場秋葉原店

各製品の展示・デモを通して製品の活用シーンを体験いただけます。NEC説明員による製品説明もございます。無料で見学可能ですので、お気軽にお越しください。

ページの先頭へ戻る